投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. hotブランド (1)
  2. ■ブランド偽物<bag26>ブランド激安市場(0)
  3. ブランド激安偽物ブランドニセモノ專賣(0)
  4. ヴィトン偽物,ブランド偽物,ヴィトンコピー(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


荒川さん!大変ですね。

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2017年 6月24日(土)06時59分42秒
  「魔女の一撃 」
こんな言葉・・・はじめて知りました。
しかし、文面を拝読しておりますと大変なことですね。
お大事に。
 

魔女の一撃

 投稿者:荒川 元  投稿日:2017年 6月22日(木)15時11分5秒
   久しぶりにメールします。先日家事中に「魔女の一撃」(腰部脊柱管狭窄症)を喰らい 七転
八倒の日々を過ごしました。過去にも患った経験から 血流改善薬と鎮痛薬(ロキソニン)と
ロキソニン貼り薬で対処すべく努力しましたが 加齢の影響か 全く効果を得ることが出来ませ
んでした。そこで尾てい骨の先から神経ブロック注射をしましたが いまいちさしたる大きな
効果が得られず難儀しています。
 暫く効果が出なければ 手術しか残された手段がないとの事でした。小生の同期が 手術後の
リハビリ中とのことで情報収集に努めます。加齢と酷使で歩行困難を生じている人も増えており
山登りされる方はご注意下さい。
 

トワイライト・エクスプレス「瑞風」

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2017年 6月21日(水)15時50分15秒
  JR西日本が、世界的にも珍しい1両1室の特別車両を設けた豪華寝台観光列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレス みずかぜ)」を2017年発表して、話題。
電池とディーゼル発電を使うハイブリッド車両は、まるで20世紀初頭のデザイナーが、未来を夢見て設計したようなレトロモダン。アールデコのスタイルは新鮮ですね。
昔の特急つばめの後部展望車両に在った、展望デッキがこれはフロントにあるのが斬新です。瑞風は屋根の一部のこう配が昔の電車に似ています。時速は110キロと意外と遅いようです。
ちなみにアメリカのGE AC6000CW形ディーゼル発電機関車は6千馬力、3キロも先からエンジンの騒音が聴こえてくるそうです。
 

奈良の山を歩く・・・明神平

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2017年 6月20日(火)19時15分49秒
編集済
  梅雨らしくない日々が続きました。
今日は東吉野村から台高山脈北部の明神平を歩いて来ました。
雨が少ないせいか明神滝も勢いなし。
明神谷も水量が少なく、下山時に竿を出してみたがあたり無でした。
その後、日本で最後に確認されたニホンオオカミ(この個体は大英博物館にあり)の像と
菟田野にある神武天皇が植えたというから樹齢2600年か?、天然記念物「八つ房杉」をたずねて帰りました。
 

部子山へ登る

 投稿者:仕名野完治  投稿日:2017年 6月19日(月)07時55分9秒
   先週、後輩を連れて福井の上記山の牧場(能楽の里)のある処へ行ってきました。山の頂上までは直ぐで足元には、カタクリの花、立山リンドウ、サンカヨウ、マイズルソウ、ショウジョウバカマ、等が咲いていました。右ひざ、右臀部の痛みを心配しながらなんとかのぼったら、360度の展望で荒島岳、白山等が良くみえました。この山へは、1995,4月寶慶寺から雪上を歩いて登ったが今回は、殆ど車での山行でした。皆さんにお薦めします。
 

珍しいミニ

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2017年 6月17日(土)08時47分8秒
  昨日仕事なんですが、珍しいミニを車検場まで・・・・
最初は恥かしいので誰か?変わってくれよ!と頼んだんですが・・・・。
案の定、信号で止まれば通行人がジロジロ。
検査場では物珍しさか?検査官や同業他社の連中が寄って来る。写真に写したり・・・
それなりに楽しい車でした。
 

車の側面に・・・

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2017年 6月16日(金)06時57分33秒
  連日の快晴。
綺麗にコーティングされ、ピカピカの車の側面は面白い鏡になってくれる。
昨日も、検査場でたまたま横に駐車していたトヨタの黒色アルファードの側面が面白く屈曲の鏡に。
その前に立ち、全身を撮るべくカメラを縦向けに。

夜、パソコンに取り込んで写真を見て・・・

「気持ち悪ぅ~~」
一見、山登りスタイルでニッカーズボンをはいてるのか?と思いきや
よ~~く見てみると靴がウニャウニャと伸びている(笑)
そして、行きつく先に今度は逆向けの靴が・・・
更に、白線の下にまたまた・・「靴」が。
青い二本のラインは?空の青空らしい?

おもしろい写真が撮れました。
 

国定忠治

 投稿者:西野 巖メール  投稿日:2017年 6月14日(水)09時57分5秒
編集済
  国定忠治といえば昔桐生支店に転勤になった時のことである。大家さん地主で大金持ち・
床の間の壁には一面ルビーとメノオの粉(粒状)で塗り固めてあった・・・その昔、国定忠治の子分が泥棒に入ったとのことでした・・・大家さんは桐生高校野球部OB で阪神タイガースからスカウトが来たが・・家業の機屋が大忙しで親の反対でダメ・・・〝ガチャ万”時代(織機が一度ガチャとなると〝ン万円”儲かった という・・養蚕の盛んな上州の話・・横浜からバイヤーがきて・・インドとかアラブへ・・ヤール巾のシルクの生地を買って行ったという・・・  それから足利で麗光に勤めていた安部英治に夜8時ごろ道路でバッタリ出会った・・・営業中だと言っていた・・・お蔭様でいろいろ思い出がよみがえってきました。

http://

 

今年最初の池の平です。

 投稿者:河内義昭  投稿日:2017年 6月13日(火)14時18分59秒
  6月9日 長野県東御町湯の丸高原 池の平 尾瀬や栂池と共に日本の代表的な高層湿原の一つです。
まだ山野草の季節ではりませんが下見に行ってきました。標高2000mの湿原、寒気が厳しく車を降りて林道を歩きましたが夏服ではまだ冷気に震えていました。

例によって下手な俳句と写真です。 お笑いください。

http://www.digibook.net/d/3f05a1bb908d94d9ac08117536e92844/?m
 

近江鉄道の電気機関車

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2017年 6月11日(日)09時07分29秒
  昨日(6月10日)の朝のNHKテレビで滋賀県彦根で近江鉄道が紹介されていた。
以前より新幹線撮影のために何度もJRで米原に向かう途中、彦根駅に隣接している古い車両が並ぶ近江鉄道の車庫や電車に興味があった。
「これはいい機会だ!」と思って昨日京都駅からJRに乗って行ってきました。

*以下の説明はネットから引用
近江鉄道の電気機関車は、昭和23年(1948)10月に彦根駅構内の入換え用として西武鉄道のEDIを借用したのが最初で、工場入換え用や蒸気機関車の廃車代替、さらに砂利・セメント原料の輸送の増大に伴い、国鉄の廃車機等を譲り受けて順次増備し、戦前から貨物列車を引いていた電動貨車にとってかわり電気機関車が走り出した。
当社の主な貨物輸送は、野沢セメント(現在:住友セメント)の原石輸送(昭和35年11月10日営業開始)、日本石油のタンカー輸送(昭和38年11月28日営業開始)、キリンビールのビール輸送(昭和49年6月1日営業開始)および東洋カーボンの原材料輸送(昭和46年11月1日営業開始)等があり、電気機関車はこれらの貨物列車をけん引に活躍していた。
ところが、貨物や荷物の輸送にトラックが進出し、さらには国鉄の貨物輸送の再編成等により、当社の貨物輸送も鳥居本・彦根間の日本石油のタンカー輸送を最後に昭和63年3月12日をもって廃止を余儀なくされた。
現在、当社は11両の電気機関車を保有し、彦根車庫に集められ全くの休車状態のまま留置されているが、当社の電気機関車、とくにED14形式は、マニアの間では全国的に有名で、その雄姿をカメラに収めようとするカメラマンが跡を絶たない。
また、現在保存が約束されていない車両の中では、専門家のなかで国鉄東海道線電化の当初に使われた一形式の電気機関車が全機揃っていることから、保存の要望が最も強い車両でもある

行ってみてビックリしました。この写真を見て頂いたら判りますが、「赤サビ」が垂れ、塗装が剥げ堕ちた・・・それはそれは凄い車両が並んでいる。

2番目、3番目の写真はED14形式
マニアの間では全国的に有名な車両で、その雄姿をカメラに収めようとするカメラマンが後を絶たないそうである。
 

河内さんへ

 投稿者:西野 巖メール  投稿日:2017年 6月 7日(水)11時34分28秒
  総会のデジブック有難うございました・・・今回も早速見せて頂きました・・いつも有難うございます。  

DASOB総会

 投稿者:河内義昭  投稿日:2017年 6月 7日(水)02時07分25秒
編集済
  先日のDASCOB総会 盛大に開催を実行頂き役員諸氏のご苦労に感謝申し上げます。有難うございました。
小生は翌日も大阪で高校クラス会を開いていただき両日を楽しく過ごさせて頂きました。

さて 小生高齢化に伴い普段愛用しているCANON EOS 5。重量が年々応えるようになり最近はほとんどコンパクトデジカメを使っています。

当日の参加者全員のデジブックを作成しました。下記URLをクリックしてご覧ください。

下記 URLはDASCOB HPのサーバである TEA capにつながれますのでDASCOBにつながるのが若干時間を要します。しかし じっと待っておれば30秒くらいでDASCOB掲示板が表示されます。
 http://www.digibook.net/d/ae84a117a04c9c9c28ae11e5e6f8a942/?viewerMode=normal&isAlreadyLimitAlert=true
 

総会報告

 投稿者:OB会長 谷口 明  投稿日:2017年 6月 5日(月)20時31分19秒
  6月3日 DASCOB2017総会。

仙台・関東地区・九州からと遠路ご足労を頂いた方々をはじめ多数のご参加を頂き、議案報告にご了承有難うございました。

役員も続投ということで、会長以下従来のメンバーでお世話させていただきます。

参集いただけなかった皆様には、早急に総会資料並びに報告文を遅らせていただくよう手配しております。

現役の部長以下役員も同席し、創部100周年は我々が見届けますと力強い言葉も頂きました。

そのためにもOB会の強い存続が必要との長老の叱咤でした。

懇親会・二次会と夜半12時まで続いたと聞いております。

翌日、有志による親睦ゴルフコンペ。(鈴木氏投稿写真)
快晴の空のもと緑だけは美しいコースを二日酔いでのラウンド、ハーフ72を打った御仁も。

ちなみに、優勝は今井先輩、2位鈴木、3位谷口、7位秋山、ブービー馬場、メーカーは川島と。
グロススコワー、ハンデキャップはご想像に・・・。

後ほど河内先輩より、懇親会の写真の掲載もあろうかと思います。
 

DASCOB総会とゴルフ

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2017年 6月 4日(日)20時03分22秒
編集済
  6月3日は2年ぶりのDASCOB総会でした。役員の皆さんの手際よい進行でスムーズに会は進行されました。
さらにこれから2年間、現役員の体制でDASCOBが進むことになりました。よろしくお願いいたします。
その後の懇親会は仙台、関東、九州などから駆けつけてくれた仲間との楽しい懇親会です。
恒例になった田淵氏の司会も堂に入ったもの。
さらに2次会は宿泊組を中心に明日のゴルフなどは忘れ12時過ぎまで話は尽きません。
そして今日のゴルフはこれ以上はないぞとゆう天気の下、二日酔いもなんのその楽しいこと。
素晴らしい2日間でした。
 

DASCOB OB会総会

 投稿者:DASCOB広報委員長  投稿日:2017年 6月 3日(土)08時53分27秒
編集済
  本日6月3日OB会総会です。

 場所 京都白河院
 受け付けは午後4時30分
    総会   5時より
    懇親会  6時より

         出席者の会員各位、時間に遅れないようにお願いします。
           なお、役員の皆様は3時にご集合ください。

   なお、私(小笹)5月30日に白内症手術をしまして、本日の総会はドクターストップがかかりまして
  出席出来なくなりました。皆様にはご迷惑をおかけいたします。

?
 

奈良の山を歩く・・・明神平

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2017年 5月29日(月)19時35分12秒
編集済
  谷口会長の釣紀行に刺激を受け、五月晴れが続く中、
ザックに釣り竿をしのばせ、三重県側から台高山脈北部の明神平をめざし奥山谷を歩きました。
谷の最上部の唯一の渡渉部で竿を出すとすぐに当たりがあり30分ほどで3匹のアマゴを釣り上げました。
川魚を食べない家内ゆえ、
ガスオーブン230度、18分で焼き上げ、私が一人で大自然の恵みをいただきました。
帰途に青田の大樫を仰ぎ見て帰りました。
 

府立植物園で「サツキの育て方講習会」に参加。

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2017年 5月28日(日)20時59分36秒
編集済
  自分でも可笑しい位・・・(笑)
何で吾輩が府立植物園で植木の講習会に?こんなの生まれて初めての経験です。

実は、わが庭には亡き親父から約25年前に頂いた「サツキの鉢」が二つあるのです。
ところが、およそ「花」には興味も色気も感じない吾輩のこと、放置もはなはだしく
その間何の世話もせず水やりだけ。それも私ではなく妻が・・・。

それが原因か?親父が怒っているのか?
近年は二年に一度のパターンでしか咲かなくなった。

最初の写真は、昨年2016年の開花。今年は咲かず(泣)

何故か判らぬが?急に親父から頂いたサツキのことが気になりだした。
偶然にも京都府立植物園で「サツキの育て方の講習会」を知り
今日(5月28日)妻と二人で参加、勉強してきました。

25年間の間、2~3年前に一度「植え替え」をした以外、全くの放置状態。

先生にそのことを隠さず全て正直に話したら、
サツキの植替えの一番いい時期は2~3月だと。
次にいいのは花が咲き終わった後の6月だと。
ただ・・・あなたとこのサツキは放置状態だったので、
6月は植え替えはせずに土に何箇所か穴を開けて水が根にまわるようにしてください。
そのままの状態で来年の2~3月に「植え替え」をすればいい!との御診断。

「植え替えの方法」


周囲や底の根は怖がらず、
どんどん切り取って、土も取り除く。まるで散髪に行って髪の毛を透かしてもらうような感。

サツキの土は鹿沼土。それも「大玉」「中玉」「小玉」の三種類を使う。

底から「大玉」次に「中玉」、そして散髪をしたサツキの
木を置き、「小玉」を入れて安定さすのだ。


冒頭にも記載しましたが、花の育て方の講習会、初めて行きました。
だけど、非常に有意義で・・・なんか?これから植木に興味が湧きそうになってきました。

帰路、夕方の4時ころ植物園内のバラがとても美しく見えたのは・・・気のせいかな?
 

揚梅の滝

 投稿者:谷口 明  投稿日:2017年 5月28日(日)18時12分56秒
編集済
  27日の土曜日、天気も良さそうなのでぶらりと出かけてきました。

北小松から登り下部の雌滝へ、そして滝の直ぐ横の直登ルートを雄滝へ詰めてみる。
道というより岩登り。最後には鉄の梯子が10数メートル。 高所恐怖しっかり味わう。

雄滝は高さ40メートルで力強く、雌滝の優しい様子と対比面白し。

登山道に戻り涼峠を越え、寒風峠方面へ小さな渓に添っての道。

竿を出してみようと試したが木々の枝が茂り、上手く水辺に届かず。
それでも食いついてきて竿さばきがすばやくできずにハリを飲まれてばかり。
リリースも出来ずしかたなく持って帰る。
1匹はこんな渓にと驚きの大きさ。

この時期の山は、緑いっぱいで気持も良くなりそう。

山小屋に戻ると仕名野・伊藤氏が来ており、夜は塩焼きで味わい骨酒でしっかりと酔う。

酒宴さなか浅井氏が友人と明日、赤坂山の福井側の渓谷を登るので泊めてくれと来屋。
かくて賑やかに初夏の山小屋の夜は深けて行きました。



 

写真の追加

 投稿者:谷口 明  投稿日:2017年 5月25日(木)10時42分12秒
編集済
  釣り上げるのにタモ網が必要でした。  

初夏の渓で岩魚

 投稿者:谷口 明  投稿日:2017年 5月25日(木)10時32分47秒
  一昨日、昨日と九頭竜川へ注ぐ白山方面からの支流の内波川の山奥へ行ってきました。

初日の夜は、荒島岳の登山口の勝原という無人駅の軒下で二人で宴会。
一日の通過列車5本、最終の9時20分が通過すると真っ暗。
相方は車中で就寝、私は構内の通路でシュラフにくるまって就寝。

翌朝5時から行動、車で小一時間林道を上り通行止めから歩いて40分。
さらに藪を掻き分けて堰堤に下りやっと渓筋へ。

昼食には河原で、釣り上げた岩魚のムニエルと採りたての山葵など山菜と肉の炒め物。
冷えたビールで乾杯。

釣果は28.5cmを含め7匹、師匠は29.5cm以下9匹とまずまず。

遠方にはまだ残雪多くの白山別山が望め、山道には藤、ヤマボウシ、ウズキが花盛り。

下山道ではカモシカが「ごくろうさん」と見送ってくれているようでした。

何とも、久々に贅沢な遊びを体験させていただきました。
 

/183