投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. hotブランド (1)
  2. ■ブランド偽物<bag26>ブランド激安市場(0)
  3. ブランド激安偽物ブランドニセモノ專賣(0)
  4. ヴィトン偽物,ブランド偽物,ヴィトンコピー(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


御礼

 投稿者:仕名野完治  投稿日:2018年 4月23日(月)11時54分50秒
   21日の小芝、八木両氏の偲ぶ会の世話役及びご出席の皆さんに世話役を代表して暑く御礼申しあげます。  

「小芝静夫」「八木兼一」先輩の偲ぶ会

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2018年 4月21日(土)19時56分18秒
編集済
  きょう4月21日「白河院」で、小芝・八木両氏とともに同志社大学山岳スキー部に御縁の方々22名にお集まり頂き、
想い出やエピソードを語りあう「偲ぶ会」が行われました。

出席者(敬称略):54年度生河内義昭、沼田成一郎 57年度生仕名野完治 59年度生升田輝男
岡田佳子 村田賢治 60年度生水本地久雄 今井康之 上野 稔 64年度生谷 昌純 小笹 剛
浅井隆一 田崎日一 東山満子 谷口 明 66年度生秋山謙次郎 磯貝利彦 馬場善夫
68年度生川嶋登史朗 69年度生磯田正敏 今西正光 75年度生田淵誠一
合計22名の方々に出て頂きました。
河内さんは埼玉、磯貝さんは九州は福岡、久しぶりの今西さんは岐阜県大垣市から来ていただきました。
御苦労さまでございました。

秋山さんの司会ではじまり
小芝さんの同期であります沼田さん、OB会長の谷口さんからそれぞれ想い出のエピソードを
含めた故人を偲ぶお話を頂きました。
その後、出席者全員で祭壇に献花をして各人の想いに合掌。

仕名野さんの献杯、そして追悼膳で和やかな場に移りまして13時30分に「偲ぶ会」を終わりました。  
 

奈良の山を歩く・・・金剛山

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2018年 4月19日(木)18時31分51秒
  まだ4月ですがまさに五月晴れの今日、金剛山を歩いて来ました。
金剛山をめぐる登山道の多くは尾根筋についていますが、今日は数少ない谷筋のモミジ谷をを歩きました。
山はまだなごりの桜が残り、春の花々が咲き誇り、そして新緑が素晴らしい山行でした。
山歩きにはいい季節になってきました。楽しみます。
 

東京物語

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2018年 4月14日(土)09時31分1秒
  4月7日
私の妹の息子が明治神宮で結婚式を挙げました。
妹は36年前に父親の猛反対を押し切り、フランス人のジェロームくんと国際結婚をしました。
あれだけ反対していた父親も結婚式にはパリまで行きましたが、
当時はパリまでの直行便が無くてアラスカ経由でした。
外国語が一切話せない明治生まれの父親と、大正生まれの母親が二人だけで
よくもパリまで行ったものと・・・今でも感心しております。
妹はそれ以来パリに住んでおります。
トマ君(甥っ子)の相手は、ロンドンで知り合った日本の女性。
トマ君はモルガンからグーグルに転職して2年。
昨年の7月にパリで結婚式を済ませて、現在は二人の生活はロンドンですが、今回、奥様の
両親の希望で日本でも結婚式を挙げました。

総勢80名のインターナショナルな結婚式、そして披露宴は明治記念館でした。

明治神宮、立派ですね。感激でした。
ちょうど4月7日は土曜日だったので観光客がもの凄く多かった。


フランスからの親族も多数来られたので、この神殿への行列は国際色豊かです。
わたしも歩きながらの撮影でしたが、あまりの見物人の多さに驚きました(笑)

せっかく東京まで行くのだから!と
我々の息子、娘は当日に新幹線で帰京しましたが、われわれ夫婦は15年ぶりの東京なので
もう一泊して、4月8日には「はとバス」で東京半日コースを楽しんできました。
http://www.digibook.net/d/0095857fb18d9e452ecf20a226e6a704/?viewerMode=fullWindow

その時のデジブックを作りました。
30枚の写真で映像時間は5分少々です。時間があれば見てください。

①明治神宮でのスナップ。土曜日だったので、我々はこの観光客の絶好の被写体になりました。
②新宿の高層ビル街
③東京都庁からの展望
 

伊那谷~木曽谷紀行

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2018年 4月13日(金)19時54分48秒
  恵那にて親戚の集まりがあり、この機会に伊那高遠~松川、大草城址公園~昼神温泉~妻籠宿~恵那峡と
季節の花をめでながら走ってきました。
しかし桜は散り際、花桃はまだつぼみとドンピシャとはいきませんでした。
昨年夏に縦走した中央アルプスの雪景色を見れたのが良かったです。
今年の夏山合宿はどこにしましょう?
 

比良に遊ぶ・・・八淵の滝

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2018年 4月 5日(木)14時29分40秒
  4日は朝から釣りをしようと今井、谷口、鈴木の3人はガリバー旅行村から八淵の滝を目ざしました。
私はせいぜい滝の入り口あたりで竿を出す程度に思っていましたが、
谷口会長はどんどん上へ登ること。
途中わずかに竿をだし数匹のアマゴとイワナを釣り上げたものの、
滝登りは続き、釣りどころではなくなりました。
クサリ、梯子の連続で、揚句は東大津高校の女性徒の遭難碑まで見ることに。
河原で昼を食べ、最後は尾根にあるはずの下山道目指して薮漕ぎとなりました。
きれいな渓谷、足元にはイワカガミなどの早春の花、山には昨日に続きタムシバの白、心が洗われる時間でした。
 

京都北山を歩く・・・魚谷山

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2018年 4月 5日(木)10時36分55秒
編集済
  さらに好天が続く中、「山と渓谷」の4月号で紹介されていた魚谷山のタムシバ(モクレン科の花木でコブシと同種)を楽しみに行きました。
雲が畑の出会い橋から林道に入り、松尾谷分岐に車を止め、松尾谷林道を魚谷峠へと歩き始めました。
しばらく歩くとすぐに山肌にタムシバの白が見られ、さらに進むと山全体に広がってきました。
見事な眺めです。下山は柳谷から直谷に入り、今西錦司博士のレリーフを拝し下山。
夜は谷口山荘でお世話になりました。
 

桜漫遊2018

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2018年 4月 4日(水)16時25分52秒
  今年の桜の開花は全国的に早いようだ。
少なくとも京都は例年になく早かった。今では盛りを過ぎて「桜吹雪」「花筏」の様相を見せている。
その分、見る方も慌てた春であった。
6日からは久方ぶりに日本の首都に二泊三日で出かけるので、先週は飛脚便のように走り回り
花粉飛び交う中をマスクもせずサングラスだけで桜美林を駆け巡る(笑)
おかげさまで・・・「花粉症」で入院でもしたいよ。

そんなわけで今年は少ない桜見物でしたが、20枚の写真で久方ぶりにデジブックを製作。
時間にして3分ですが・・・時間が有れば見てください。
http://www.digibook.net/d/fe85e957914e9448a20fa0b09ae5a644/?viewerMode=fullWindow
 

名刹の桜をめでる・・・石山寺

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2018年 3月30日(金)18時39分42秒
  この時期、こんなに好天が続いていいのかと思ってしまいます。
奈良から比良への途中、いつも横目でやり過ごしていた石山寺の桜をめでてきました。
広大な山に満開の桜、素晴らしかったです。
平安の才女は秋の萩や紅葉の移ろいに心を寄せていたみたいですが、
私などの凡人には春や桜の華やかさの方にに心が奪われます。
来週は比良の山桜か、北山は魚谷山のタムシバを楽しみたいです。
 

奈良の山を歩く・・・葛城山

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2018年 3月27日(火)18時51分33秒
  好天が続きます。
山麓は桜が満開に近いですが山はまだまだ灰色の世界です。
そんな中、体力の衰えを感じながら小さな春を探し歩きました。
登山口までの道は昨年秋の台風の被害あとがまだ残ってました。
つくづく歳を感じさせる山歩きでした。

満開の桜の下の安藤さんの笑顔良かったです。
 

安藤さん!元気で万歳。

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2018年 3月27日(火)07時06分3秒
  今回の元気そうな表情、岩岳以来のお顔ですね。
それにしても美しい娘さんです・・????・・ね??

安藤さんにとっては盟友とも言われる小芝さん、八木さんとのお別れ
「人生の無常を感じる」と言われるお気持ち察します。

改めて、小芝静夫氏、八木兼一氏のご冥福をお祈りいたします。
 

元気そうなご様子で??

 投稿者:谷口 明  投稿日:2018年 3月26日(月)16時54分28秒
編集済
  安藤様、
元気そうなご様子で、安心です。
お二人の『偲ぶ会』で安藤さんの様子も話題になると気になっていたのですが・・・。

私の方こそなかなかです。
やっと顔面麻痺が癒されて、今年度も一回くらいはと出かけた明宝スキーで肩鎖関節脱臼捻挫で又通院。
ゴルフ??もしばらくお授けですねと家内に笑われております。

八ヶ岳でも大変な事が起こって、ザイレーデンと言えば四月の終わり頃に石井と繋がって奥穂高から前穂高への尾根を通過。
「片方が滑ったらビレーは無理や・・」と言いながら行った事が思い出されました。
 

ご無沙汰しております

 投稿者:安藤珊メール  投稿日:2018年 3月25日(日)17時51分21秒
  小芝・八木の訃報に接し、人生の無情を感じておる今日この頃です。お陰様に私はなんとかやっています。今日は誕生日の祝いを兼ねて子供達とお花見に行って来ました。早く京都へ行ける様ガンバリます。  

小芝静夫氏・八木兼一氏を偲ぶ会

 投稿者:DASCOB広報委員長  投稿日:2018年 3月22日(木)20時33分41秒
   三寒四温、日増しに春の日差しが心地よく感じる今日この頃ですが、皆様におかれましては変わりなくお過ごしのことと存じます。
すでにご存じのことと思いますが、小芝静夫氏は本年2月2日に心筋梗塞の為に85歳で急逝されました。
同じく2月11日には八木兼一氏が急性硬膜下血腫で入院治療中に82歳で逝かれました。心より哀悼の意を表します。
葬儀は両家ともご遺志により、ご親族のみで執り行われました。
このたび、小芝・八木両氏とともに同志社大学山岳スキー部に御縁の方々にお集まり頂き、想い出やエピソードを語りあいたく
下記の通り「偲ぶ会」を計画いたしました。
ご多用中とは存じますが、ご来臨賜りますようお願い申し上げます。

日時  平成30年4月21日(土)
    午前11時30分~13時30分
    受け付けは11時より
場所  白河院 京都市左京区岡崎法勝寺町16(京都市動物園 北側)
        TEL 075-761-0201
会費  5,500円 (食事・花代含む)

当日は山岳スキー部関係者のみでございますので「平服」でお気軽にご参加ください。
お手数ですが4月5日までにこの掲示板でもOKですから、出欠の返事をお願いいたします。
 

明宝スキー?

 投稿者:谷口 明  投稿日:2018年 3月20日(火)09時19分55秒
  今年も飛騨明宝に春スキーを楽しんで来ました。
メンバーは仕名野、今井、浅井、樽井各氏と美女一人。
三日間とも快晴で北アルプスは槍、穂高、乗鞍と御岳、白山までコバルトブルーの空のもとに輝いて望めました。
仕名野氏は救助隊のスノーモービルで下山を楽しまれておられましたよ?
 

谷口山荘で集まってます

 投稿者:浅井隆一  投稿日:2018年 3月19日(月)18時31分40秒
  明日晴れたら岩魚釣りです。  

悲しい知らせが続いたので・・・

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2018年 3月17日(土)10時05分48秒
編集済
  最近は悲しい知らせが続いたのでこの掲示板も静まり返ってしまったので
思いきって目先を変える写真でも掲載してみました。

以前にも書きましたが私の最近のカメラの被写体は街のスナップです。
その中でも「老いてはカメラに従え」
外出時は必ずカメラ持参。それもポケットに入るくらいのサイズがいい。

カメラ好きの芥川賞作家「尾辻克彦さん」、本名「赤瀬川原平」さんが出している本に
次のような一文があります。

昔から、老いてはカメラに従えと言われる。
あるいは、可愛いカメラには旅をさせよ、とも言われている。
いざ書いてみて、ちょっと違うような気もするが、大きな間違いではないだろう。
人間はカメラが好きである。
人間の全員ではないかもしれないが、ぼくは好きだ。
いくつか持っていて、家にだけ置いていてもしょうがないので
カメラにはときどき旅をさせる。

一番目の写真・・・国道1号線がすぐ近くの車の往来が激しい場所にポツンと今にも倒れそうな
木造3階建ての家が?空き家である。この建物の南北はパーキング。東西は道路である。
孤立している。おおきな台風が来たら横倒し?何故取り壊さないのだろう?と見るたびに思う(笑)

二番目の写真・・・カメラの機能を利用してこういう撮り方をすれば「びっくドンキー」も
綺麗だしハンバーグも美味そうだ。

三番目の写真・・・久しぶりに百貨店の「大丸」に行き、嫁さんを待っている間に屋上にいってみた。
ふと目についたこの風景?海原を航海する客船に乗っている雰囲気がした(笑)
 

お悔やみ申し上げます。

 投稿者:西野 巖メール  投稿日:2018年 3月 4日(日)15時03分2秒
  八木兼一氏のご逝去に接し心よりお悔み申し上げます。  

訃報

 投稿者:谷口 明  投稿日:2018年 3月 3日(土)19時17分46秒
編集済
  小芝氏の偲ぶ会の投稿を読まさせていただいた後、残念な連絡が届きました。

2月11日、八木兼一さんがご逝去と。

秋に家族 旅行 の宿で、急性硬膜下血腫となられ京都の救急病院に搬送され、治療に励んでおられましたが、回復に至らなかったようです。  82歳です。

立山遭難当時 、お二人のコンビネーションでOBをまとめて頂き思い出深き事が去来いたします。

偲ぶ会もお二人の思い出を語らねばなりません。
 

小芝 静夫氏を偲ぶ会

 投稿者:仕名野 完治  投稿日:2018年 3月 3日(土)11時12分50秒
編集済
  過日 2月2日、小芝静夫氏ご逝去の訃報をお伝えしましたところ、皆様より『残念!!』とのお言葉が多数 寄せられました。

小芝氏は山岳スキー部の創部並びに初代OB会長として、山岳スキー部の発展と継承に多大なご尽力を頂きました。

つきましては、OB会として『偲ぶ会』を計画しております。
OB諸兄におかれましても氏に対してそれぞれの憶があろうかと思われます。

詳細は後日に葉書なりメールにてお呼びかけさせていただきます。
早めにご予定をいただきご参集のほど宜しくお願い致します。

      日時  :  4月21日土曜日    午前11時30分
      場所  :   白河院    左京区岡崎法勝寺町   京都市動物園北側

                                                          世話人代表    仕名野  完治
 

/193