投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


最後に

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年11月 9日(水)16時19分12秒
  またどこかでお会いしましょう。

 

day 3

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年11月 3日(木)20時56分0秒
  急遽、平日に突入決定・・つか、11月に入ったら例年ならもう終わりですね。
今期はやりたい事が重なって参戦したくても堤防シイラは後回し・・もう少し余裕が欲しい。

3回目・・・・北北西5mの晴れ。
風向きが北東なら最高だけど北北西、期待はしないけど1回くらいは回遊有るでしょうって事で突入決定。
早朝現地着・・やはり堤防先端のホットポジションでも釣り人の活性が低い、もう終わりやね。
友人とまったり堤防の上で寝ころんでみたり・・・来期のショアーゲームの構想を練ったり・・。
リーダー3m+フライライン33m+リールから10mのランニングラインを引き出して思う存分
キャスティング練習がてらのFFです。
そしてラッキーな事に・・・・練習がてら3本キャッチ、ただ終盤なのでm+は一本だけ。
相変わらず今期のFFキャッチ率は好調を維持、刺しています。

そして今期最後(たぶん)予定だから・・・釣り場の知り合い達とロッド置いたまま挨拶がてら馬鹿話、楽しいね。
さらに地元のルアービルダーがフライラインを振ってる姿を見つけて会いに来てくれました。
数年ぶりの再会、あれやこれや話が盛り上がり・・・試作フィールドテスト中のルアーブランクまで
いただきました・・・・あごペン発表前からの知り合いだけど、再会はすごくうれしいのです。
このペンシル、リールを巻くだけで水面上を逃げまどうベイトを演出します。
70g20cmのかっとび兵器と3g15cmの弓矢・・・遠距離では勝負にならんね。
でも4~50mまでなら努力すれば・・・・対等かFFが有利な事もあります。
だから・・・・水面を見つめる目が疲れるんです。

写真は今期4本捕ったフライ(破壊されています)・・・フック4/0の3g。










 

今期 一本目

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年10月24日(月)16時36分50秒
  今年も又恒例の堤防シーズン突入です・・・。
ここ数年、あきらかに何かが変わってきていて回遊は年々、激少傾向だしシーズンインも
グダグダで回遊のピークがつかめません。
変化は2010年くらいからか?・・・。
おまけに今年は天候の巡りと風速が高く安定しないのでFFではまさに修行です。
何とかゲームが成立できそうなコンディションを見つけて突入前夜に決行か否か判断します。

一回目・・風速予報6m。
休日と天候のタイミングが合わず一回目は大幅に出遅れて突入。
爆風の中回遊すらなく沈黙。
二回目・・風速予報5m。
突入理由はまぁ一回目よりマシ、それに贅沢言ってたらシーズン終わりそう。
満潮が昼頃だし全体のコンディションを確認するにもいいかも?って事で。
結果は激シブの回遊の中からmクラス1本をキャッチ。
回遊さえ有ればタックルのセッティングは出てるから“サクッ”って刺すことが可能です。

強風下がベース、当然強風下用にセッティングされたタックルが必要だし強風下用に
アレンジされたキャスティングテクニックも又必要です。
キャッチできるか否かは射程内への回遊がどれだけあるか・・・のみ。
南方ショアーはパワーと恐怖との戦い・・・堤防シイラは強風との戦い。

難しいFFほどなかなかやめられんなぁ~。
 

niftyの思惑違い?

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 9月30日(金)11時21分43秒
  やっとクローズでやれやれって思っていたら、niftyから急遽延期のお知らせ。
もう、困ったものです。
思惑外のHP利用離れが多くて契約変更(当然基本料金プランへ)が見えてきたから?。
プロバイダーも大変です。

移行状況を鑑み?・・・・・鑑みなくても良いのだけど!。
ということで11月10日までは削除できないみたいです。

以下原文
いつも@nifty(アット・ニフティ)をご利用いただき誠にありがとう
ございます。

@homepage(アット・ホームページ)のサービス提供終了日が変更となり
ましたのでご連絡いたします。

 ■サービス提供終了日時■
  変更前 2016年  9月 29日(木) 15時
  ↓
  変更後 2016年 11月 10日(木) 15時
  ※ご利用者様の移行状況を鑑み、変更いたしました

 

そろそろクローズ

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 9月21日(水)20時35分58秒
  今月末でこのホームページをクローズさせます。
ここ数年、HPのスムーズなフェードアウトが常に頭にあっても現実は全データ削除って
なるとこれがなかなか難しくほぼ放置状態・・・何とかならないモノかと。
今年になってラッキーな事に突如のプロバイダーのシステム変更・・・
これに便乗・自動削除させます。
みなさん、長い間ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょうね。

HP開設のきっかけは
情報に頼らず踊らされず”ほんとにそうか?疑うことから始めよか~“って自ら
実証する事がHPの本来の目的でした。
おかげさまで様々な業界の人たちと懇意にさせて頂き、フライ業界のからくりも
しがらみも純粋な釣りそのもののテクニックも理解できたと思います。
“やっぱりそうだよなぁ!・・・・”。
突き詰めるとFFは、思うようにならない解らない事が多いから楽しいのであって
一旦解ってしまえば急速に薄く感じられてくる世界と思います。

熱意情熱を長い間失わない事はとても難しい事。
結局、厳選ストックされた全番手の・・60数本のロッドと40数個のリールが
悩み楽しんだ全てですね。
このへんで少しだけ他の趣味へも寄り道します、新鮮な新しい風を浴びます。
と言いながら・・・・ショアーシイラ突入直前、#12ロッド片手に思案中。
 

離隔距離

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 7月26日(火)18時51分56秒
  近年のオフショアFFは釣りする時間よりも船の高台から友人達のフライに
反応する魚を観察する事が多くなっています。
魚の反応が素直でおもしろく、あれは捕食スイッチが入る・・・これは無理って具合にね。
なるべく魚から離れた位置でスイッチを入れる・・・5mより10m、15m。
離隔距離は一番重要、よってフライは大きくなり、どうしても水面上のステージになりますね。

友人のフライでも完璧な離隔距離に落ちたフライでスイッチを入れ、長いチエィスと
バイトを見るだけで自分が釣った気にもなり、“Good job!” これはこれで楽しいのです。

ただ実際の船縁からは光線の具合もあるのでどうしても第1投目はブラインド。
無作為なシュートになるし、追尾サイズを確認してからのフッキングかスルーかの
選択になるなど結構やる事は多い。
出来ればサイトで魚を選択確認してから一撃のシュートで決めたい。
キャスティングもエコに・・・・大型だけを選んでフッキングさせたいのが本音で
小型含めてチエィス全てをフッキングさせたら体力が持たないしね。

夏本番のポッパー縛り
フルラインシューティング、水面を走る3本のバブルライン・・・・
無条件に楽しいのです。
 

撤収

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 7月10日(日)10時35分26秒
  南方1回目突入・・・玉砕!。
もうどうしようもありませんね、戦いの土俵にすら近づけませんでした。
雨・暴風・・・警報情報ガンガンです。
時に雨がやんで、風はあるものの行けそうな気にもなるけど突如南方特有の豪雨に
なるからなかなか冒険できんね。
だモンで・・・・干潮のタイミングで#8のみ持ってビーチ散歩で憂さを晴らします。
でもやっぱ魚も沖へ待避しているのかな?一切魚影は確認できません。

どこの島も開発が進んで自然破壊があります・・・・。
20年近く通って島の暮らしも大きく変わっていますし便利・快適になっています。
今泊しているホテルも大都市のホテルより快適でリーズナブル、何よりも窓から
海が見えるし気が向けばフライを海水面に浮かべるまで10分かかりません。
そしてデカメッキならサイトで狙えます。

反面、雨が降らなきゃあんまり気づかないけど一旦大雨になったら赤土が川を下り茶色い濁りが
一気に川を下り河口一帯が数日間、濁りつずけます。
濁りの外のブルーの水域には刺してくる大型が待っているからルアーならOKだけど
フライだと圧倒的に飛距離が足らずコーヒー牛乳色の水面ではフライを浮かべる気すらなりません。

濁りのない珊瑚礁ブレーク際へは強風と高波で自殺行為・・・
河口域はコーヒー牛乳・・・
ビーチには魚影なし・・・

地元のおじちゃんとフライロッド片手にしばし雑談・・・曰く雨が上がったら大っきいのが入って来るけどね!。
解ってはいても限られた時間ではどうしようもないね。受け入れましょう。
おそらく島を離れた1~2日後は大型が刺してくるでしょう。

地元の友人達とも遊べたしFF無しの5日間のバカンスでも結構楽しめました。
さあ帰りましょう・・・次は2週間後のオフショアかな?。
 

南方1回目

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 7月 7日(木)19時06分47秒
  残り数ヶ月でこのホームページもフェードアウトとさせます。
FFを控えるのではなくFF+αに移行させるつもりでαの準備中です。
やりたいこと・・・・まだまだ沢山あります。

FF業界紙などの定期購入を止めて数年たちます、そしてショップ参りも遠のき
FF専用品の調達も激減しています。
先日、数年ぶりにFF紙を眺める機会があったのでパラパラめくってみた。
パラパラと・・・・つまらん。
相変わらず、同じ事を繰り返しながらほんの少しだけ捻っただけの話題作りに
躍起になっているなぁ・・・・。

FFは伝統を重んじるから変えないことに意義があるよって皮肉って思うこともある一方、
編集員とかは何やってるの?って悲観するのは私だけだろうか?。
少なくとも、私の感じる事と同様の理由で諸先輩方もフェードアウトしているでしょう。

気になるものには金に糸目を付けずハード・ソフトに関わらず手に入れるのがFFマン
の性、反面ここまでマンネリだと遠のいていく見切りの早さもFFマンは特筆ものでしょう。

この遠のくって意味はFFをしないって意味では無く、業界に頼らないって事ね。
沢山のベテランの友人達も独自の理論を展開、アンダーグラウンドではますます“お盛ん”
冷ややかに業界を眺めながら、遙か先を楽しんでいます。

大きな問題は業界からのハード・ソフト情報に頼らなくても困らない事がユーザーサイド
に浸透、確証できたこと。
前々からささやかれている限界集落説もすでに末期で引き返せない状態では結果として
業界・ユーザー双方の不幸にしかならないと思うけどね。

南方のホテルから・・・
南の島は梅雨も明けてここしかない万全のタイミングで計画・突入。
ガッツリ装備品も膨らみ期待は高まりますが、何でこのタイミングで台風発生?
よって・・・・大雨でFFも出来ずにホテルで何しよう?観光でもしますか?。
最悪、人生初のFF無しの遠征になりそうですが、これはこれで楽しみましょう。
 

ヤマメの放流

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 6月13日(月)20時13分51秒
編集済
  もう何年続けているのだろう、そしてあと何年続けられるのだろうか?。
毎年の継続放流も少なくとも15年は経過しています。
いつまで続けるの?・・足腰立つまで?。
白髪が目立つメンバーも増えて、年齢との兼ね合いかもね。
嬉しいことに毎年新子ヤマメの顔も見られ、少ないながら世代交代を重ねている
個体もいます。
放流当日もFF真っ最中のフライマンの姿も見受けられました。
なんか妙に嬉しくなります。

もう6月・・・ソルトはホットシーズン開幕です。
そろそろショアーFFの準備を始めなきゃねって事で例年より1ヶ月遅れて
バタバタスタート。
今年一発目は7月初旬から一週間の奄美諸島界隈。
ガチ系から少しソフト系へ、ゲーム自体を少しライト寄りに振る予定。
一昨年はFF人生の中で一番怖い思い、身の危険も体験したしFFの限界値は
一般的なフライ業界の常識より遙かに高いけど他カテゴリから見ると遙かに
低いレベルでしかないことも再認識した。

Offerings to the god of fishing ・・・タックルだけにしたいものです。

今も思い出すたびに”ラッキーだった”と思うし2度目のラッキーなんて望めません。
反動で昨年の南方ショアーガチ系FFは参戦せず。
ある意味これまでのFFは無駄な努力だったのかもね。
ただ・・・最大限努力した限界値が概ね解った事は大きいと思いたい。

で、今期はライト指向のシングル#12ラインが使える新作ショート2ハンズ#12と
純粋なシングル10/8をメインに乗り込みます。
そしてこれまでのメインフィールドをロックからビーチへ・・・。
気楽にビーチ散策でFF予定。

さあ、ショアー・オフショアの準備を始めましょう。
 

ブッシュ

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 5月20日(金)15時25分43秒
編集済
  ほぼ放置中のホームページ。
いつかどこかのタイミングで一番完璧・簡単なフェードアウト(廃止)をって
思っていますがこれが結構面倒でのびのびでした。
ユーザーサイド都合の停止・削除(クライアント)は大変だけど、サービス側都合
(サーバー側)だとこのまま放置で完璧な自然消滅が可能となります。

NIFTYからサーバー側都合で9月末のサービス停止情報・・これはチャンス。
このまま放置で自然消滅→他のSNSへの移行を目指します。

ついにスペースギアの重整備開始
所感・・アッパー、ロアアームのブッシュ交換はやれないことは無いけど整備設備と
スキルと応用が相当必要で自信があってもアームASSY交換(これでも十分ヘビー)
にとどめるのが良いでしょうね。
でもやんなきゃ一生、構造が解らないままだし、悔しいからやるけど、解ったから
次からはASSYでも良いかな?。
結果7k+SST用材料0.6Kのみ。

まずSSTを旋盤で作ります・・・・これはプランA用。
仕事終わってから決行日前夜に削るけど、素材が堅いから音に四苦八苦で完成。
もっとバイトの良いやつを買わなきゃだめだねって反省です。
このSSTを使って油圧プレス機でブッシュ外側のメタルを均等に押し込む予定。
キモはブッシュの脱着(特に抜く)でスムーズに行けば経験済みの足回りの
パーツ組み付けるだけなので時間との勝負だけ。

整備着手・・・・恐れていた固着でプランAの目論見破綻、ブッシュのメタルが抜けません。
無理するとプレス機が壊れそうだし直感的に”これ以上やるな!信号が出まくりです”。
肝心要のプレス機が壊れたら速攻作業中止で数日間は車が使えません。
ここがプライベータの悲しいところ。

そうそうにプランAからBへ。
ブッシュを力業で破壊・・・・ドリル・タガネ・大型ハンマーそしてプレス
ガレージ中のあらゆるツールを駆使してアームを損傷させることなくブッシュの
脱着が可能な方法を見つけ出してなんとか成功。
脱着手法を見つけるまで4H・・・・。

右フロントは慎重に試行錯誤で6時間、経験値が上がった左側は1時間で組み上がります。
一回やってみるとなるほどね~って勘所も解ったけど2度とはやりたくない。
プライベータとしてはここらあたりが限界かもね。
組上がりの高速試走も完璧なメンテナンス(自画自賛)でまっすぐ走るし異音無し。
もしやるのだったら・・・勘所は解っているので聞いてね。

おまけはケミカル剤の全否定を豪語していた友人が唯一使っていたケミカル剤点滴。
点滴3~40分程とレーシングでエンジンをエージングさせるらしい・・。
何となくここまでやれば老体には効きそうな気がします。
これで今後・・・・10万キロはOK?。
 

GW

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 5月 9日(月)21時29分46秒
  今年のGW・・・震災の関係でテンション上がらず終了。
グラス#6のキャスティング練習ついでの釣りと13’5Pロッドへの
ライン適合確認ついでの釣りのみ。
ハイシーズン直前で結構せっぱ詰まってるけど、この時期の公園では
どうしても恥ずかしいし、釣り場なら傍目からは釣りに見えるから安心です。
13’はフライロッドブランクベースでセミファーストアクションの2ハンズの#10。
こいつにソルトのシングル用#12以上のラインを合わせて使えそうなラインを
当ててゆきます。
可もなく不可もなし・・フライロッドブランクベースではどうしても感激・刺激が足らんね。

愛車スペギが54万キロに到達。
GWを利用しての足回りのお手入れでフロント・ロアアームのブッシュ打ち換えを計画。
ASSYだと片側3.2諭吉で両側だと6.4諭吉・・。
手を汚さずメーカーに交換を頼むとたぶん10諭吉+の大台に乗ります。
ブッシュパーツにセルフ交換だと0.7諭吉。

足回りブッシュ交換もアッパー・ロアアームが最後で良く54万キロも持ったモノです。
が着手に躊躇・・・さすが4WDの重量車用でこりゃさすがに手強そうだね。
乗用車用のピロ打ち変え交換とは訳が違います。
SSTが必要?、旋盤で一回だけのツールを作る?・・心配になってきたのでしばし延期。
何か良い方法無いかなぁ・・・。
 

FCRかTMRか・・。

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 4月 1日(金)14時39分55秒
  今年は何とか3月中の淡水FFを解禁はしたものの、一発目のノーキャッチ。
宴会ついでのまったりFFかつ場所限定だから期待はしないけどライズ、気配無しでは
さすがにテンションは上がりません。
それに、この頃のヤマメFFはビッグイベントが迫ってる関係で”お茶を濁す”
みたいなイメージからどうしても抜けないね。

友人たちも一様に、海外・北海道・ソルトに一旦手を染めパラダイスを経験した者にとって
果たして毎年のヤマメFFに新鮮さ、満足を求め続ける事が出来るのだろうか・・と?。
おそらく、手を染めなかった方が幸せだったでしょうね・・・。

・・・キャブレターはFCRかTMRか?。
朝から憂鬱・・出来れば避けたいやっかいな“仕事”で某整備工場へ。
到着、速攻憂鬱解除!。
私好みにいじられたチンクが鎮座・・・・ラッキ~~来た甲斐があったね。
とたんに気の重いやっかいな仕事がとてもすてきな仕事へ変わり、天国モードへ。
メカニックのオーナーと2人しか解らない失敗談で盛り上がっております。
仕事?・・・・もうど~でもいいわ!って事で滞在時間予定を大幅に過ぎて
その日の予定はあの手この手で仕事キャンセルです。

そのトリガー・・・FCRで良くセッティングで出せましたね!。

古いキャブ車はFCRに換装してセッティングが出ると別エンジンか?って
位に激変します。
元々はバイク用・・バイクに換装するならまだセッティングは出しやすいしデータ
ノウハウも有るけど、車への換装は相当の気合いが必要で悩みどころ満載です。
ありがちな温度湿度の耐環境変化に対応できずに安易なガス薄め薄め方向へ間違った
セッティング→再生不可能なエンジンに至るってのが定番(私的実証済み)。
バイクのエンジンは車のエンジンから見たらフルチューン・・・
本来フルチューン用のFCRを古い市販車の非力な500ccに無理矢理くっつけて公道を
走れる仕様にする・・・無条件に好きですこういうやつは。
話の中で、ケイヒンFCRかミクニTMRか?・・そしてTMRはMJN仕様か。
話は尽きません。
名残惜しいけど・・・・これ以上仕事のじゃまもマズイのでひとまず退散。

訪問2回目・・・・ENGが降ろされていました(まさかTMR-MJNへ?)。
オーナー不在だけど関係者に断り入れて快諾パチリ・・・。
オーナーともっと話したかったけど、残念・・・にしてもかわいいなぁ。
 

invention

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 2月 7日(日)20時39分24秒
  1980年代35年前のロッド、カプラスのインベンション。
大御所って事で好き嫌い分かれるところでは有るけどどうしても
手放せないアクションのロッドもあるのよね。
ここ扱いのタックルには随分散財したけど手放さずに残っているロッド数本は
今のロッドにはない楽しいアクションを持っています。

インベンション
曲げやすいバットを使ったドライキャスティングロッド。
ただねぇ~~~リールシートはリールを選ぶし好きなリールは
ことごとくバランスが悪い、よってお蔵入りなのよね。

久しぶりにチューブから出してみるとリールシート破損発覚。
グリップとシートを変えてレトロフィットも考えたけど今後、そんなに
使うこともないでしょうって事で却下・修理。
今年は大きめの本流ででかいドライフライをテンポ良く投げてみましょうか?。
 

そろそろ動きましょう

 投稿者:宮内庁  投稿日:2016年 1月26日(火)20時27分16秒
編集済
  豪雪でした。
豪雪の不要不急の外出自粛アナウンスの中、スタッドレス履いてゴムチェーンを
懐に忍ばせたホワイトベースは無敵です。
日曜日の朝、新雪パウダースノーのドライブ。
車は居ないし町並みが美しい・・・・やめられん、快感です。
そして童心に返ってパウダースノーで雪だるま。
ポジティブに遊びましょう。

2015年はあれやこれやのビッグイベント乱立で珍しく忙しい年でした。
ただでさえ減少傾向のFF釣行がさらに減少・・・どうしてもはずせない
おいしい所だけのつまみ食い。
塩水は何とかやり過ごしましたが結局淡水はFF人生発の無参戦。
タックルが泣いています。

かみさん曰く・・・手は2本なのにこの釣り竿の山の中から何本使うの?。
指摘はもっともでございます。
結果、使ったのは塩水系のみの3本で稼働率 5%であります・・・。
後は予備の予備の予備・・・・とコレクションって事にしましょう。
コレクションのやつは後々換金できるからあんたにやるよって事にしています。

趣味はこれもやりたいあれも・・・妄想の山は年々高くなるけど様々なしがらみの中で
生きる一般ピーポーは掻き分けながら泳ぐしかないのよね。

さてさて今年は何をメインに遊びましょうか。
数少ない休日に何を当てるか・・・・。
山か川か海か・・・・はたまたモータースポーツか。
 

プライベーター

 投稿者:宮内庁  投稿日:2015年12月15日(火)21時33分11秒
  52万キロ走破、我が家のホワイトベース木馬のタコメーターが時々タコ踊り
をする様になってしまいました。
体感的には異常を感じないので重大事ではないけど何となく気持ちが悪い・・・。
昨年も寒い時期に発生して暖かくなったら症状が消えたんだよね。
メーター単体故障なら安く済むけど・・・ハーネスとか車体側だとチトやっかい。
だもんで、最悪のことを考えて見て見ないふりをしていたんだよね。
修理するか・・・ほっとくか・・・
最後まで看取りたい老い先短いスペギ、そこが問題です。

今年の冬に入ってポジション球も切れて、さすがにこのまま放置はマズイ。
しょうがない、こうなりゃ腹をくくって修理しましょう。

メーターassyの回路図は入手困難・・さらに内部のタコメーター部に至っては
全く解らない・・・けどまぁ何とかなるでしょ!の緊急外科手術。
全バラ・・そしてそこから電子回路を読み解く手法となる。
バラしてみると概ね回路と仕組みが推測できるので信号線に測定器をぶら下げ
メーターを一旦元通りに戻して走ってみる・・・。
結果、タコメーターへの入力信号は正常に増減するので故障はタコメーター側って
事が解る。
実際腹くくってしまえば何とかなるモノで至ってシンプルな回路構造です。

期待を込めて故障確率の高いコンデンサー交換(手持ち部品流用)、ハンダ割れの可能性
もって事で全てのハンダ部分を再溶融。
そして評価・・・残念、治らないね・・・針を駆動するモーター部の故障確定。
うーん困った、モーター部品だけの調達は無理だから、高価なassy交換?。

距離を刻んだODDメーターだけは何が何でも生かしたいし・・・
又ネットのお世話になるか?。
 

岩井小百合ってか?

 投稿者:宮内庁  投稿日:2015年12月13日(日)21時12分33秒
  その名前、車の中で聞かされたときはさすがにこれは無理!って言った覚えが・・。

杉様の最初のヤマメ釣りで一匹釣れたって大喜びしたその直後に厳つい鼻曲がりの雄ヤマメで余裕の尺超え。
なんつ~か、釣った本人より連れて行ったあっしがビックリ、鮮明に覚えてますよ。
あの後も同じ川で尺は結構釣ったけど・・・あれ以上のコンディションのヤマメには会っていませんね。

先週はありがとうね、”まだここにFF馬鹿が残ってた!”って事が無性にうれしい・・。
毎日ロッドリールを取り替えて使っても2ヶ月はFFできるとか、今風の見た目のタックルには
見向きもせず、こだわりのタックルのみを追いかける・・そのスタンスが素敵です。

釣り?・・・来期は淡水FFも少し頑張りましょうかね(岩井さんはPASSだけど)。




 

師匠さま

 投稿者:杉さま  投稿日:2015年12月11日(金)21時28分12秒
  先日は、私のワガママでいろんなショップに連れ回してしまい有難うございました。
30年という月日が一瞬のうちに縮まって、とても楽しい時間が過ごせました。
宮内庁さんは、今でも私の師匠です。
あなたの影響を30年経った今でも大きく受けてますよ。
魚釣りに関する考え方や、道具に対する思い入れ全てにおいてです。
お互い、14番以下のフライのアイにティペットが通しにくくはなりましたが、また一緒に岩井小百合を聞きながら釣りに行きましょうね。
これからも、いろいろ指導お願いしまーす。
あの後、大隅の川にニジマス釣りに行きましたがやっとちっこいのが1匹釣れただけでした‥
 

再会

 投稿者:宮内庁  投稿日:2015年12月 7日(月)23時04分5秒
  先日、旧友がわざわざ遊びに来てくれました。
一人は10年ぶりでもう一人は30年超越え・・・。
30年超の友人は当時16歳、どうもイメージが沸かない。
逢った瞬間・・・お互いえらいおっさんになりよったなぁ~、実感です。
見かけは時の経過を隠せませんが話は30年を遡っていても何も
違和感がありません。
貧乏だった当時から少しだけ余裕を持てた今に感謝、それに昔と変わらず
FFにのめり込んでいる事も嬉しいし、来期からの楽しみが又一つ増えた。

彼らのもう一つの目的は・・・FF不足品のまとめ買い。
彼らの車に乗り込みあちこちに移動、つきない馬鹿話は一気に30年前に戻っています。
無条件に楽しい・・・感謝です。

35年前当時はルアー/フライが半々。
当時ルアーもトップオンリー、トップで釣ってなんぼのモノって思っていて
それ以外は邪道、FFオンリーの今もトップが全てと思ってる。
歳食ってもやっぱトップでサイトが全てなのよね。

押入からルアーボックスの中のルアーがどうなっているか恐る恐る出してみた。
結構綺麗やね~~今も使えるかも?。
当時のベイトリールも有るしロッドも何処かにあるはず・・・。
おっさん限定、30年超タックル、トップ限定のおかっぱりトーナメントが有ったら
おもしろいかもね。

クレイジーレッグ・・・プロペラが回ると4本足がバタバタ、なんて言うか
馬鹿げてます、塗装なんか全て剥げてるけどこういうヤツをまじめに作っていた
メーカーがあったんよね、ほんとにエライ。
 

LINE

 投稿者:宮内庁  投稿日:2015年11月23日(月)20時17分47秒
  前々から気なっていたラインが触れるって事でのんびり1Hのドライブ。
某メーカーのデモロッドがずらり・・・って今更淡水ロッド・リールの新製品
には購入するだけの理由がなかなか見つかりません。
#8ロッド1本だけ振らせてもらって・・・こんなものなのかなぁ?。
楽しみにしていたお目当てのラインはディスプレイのみ、そして仕様は
ブレイテッドコアの25LBテストライン。
残念ながら使えませんが・・・悪巧みのヒントが見つかりました。
オフシーズンに少し楽しんでみましょう。

25LBテストライン・・楽しみに見に来たけど残念だけど使えないって
話をすると25LB以上の強度を持ったロッドは有りませんって
説明される(だから大丈夫って言いたかった?)。
業界市販ロッドベースの論理の上で話をしてくるのでなかなか話がかみ合わない。
30LBを使えるフライロッドなので・・25LBだとフライラインがFUSEに
なるよ。

それより久しぶりの友人達と雑談・近況報告・・・楽しいね。
**さん、例のランニングライン(ハンドリング)はこんなヤツで
細いモノフィラの組糸、チューブ状になっているので接続処理・ハリ
滑り・水切れがすこぶる良くて絡みません。
これだと遠投してランニングライン部でガッツリ、合わせを入れられますよ。
お試しあれ。
 

エアFF

 投稿者:宮内庁  投稿日:2015年11月20日(金)19時06分8秒
  季節はずれの南の島へ
ロッドを持たずにシーズンから一ヶ月遅れで上陸。
いいねぇ~~、いつ来てもテンション上がるけど今回はFF無し。
タックルがないと結構冷静な目で海を見られるのでこれはこれで
結構楽しめます。

毎日、早朝薄暗い中ビーチ散歩・・・そしてエアフィッシング。
相変わらずいつもの所にいつもの時間にデカメッキのスクール。
エアフィッシング、シミュレーション・・・毎日キャッチです。
流入河川域を覗くと海に戻っていくチビメッキの群れ・・幸せになります。

珊瑚礁ドロップオフのと~ちゃん・か~ちゃんGTを狙って悲壮感漂わせるより
#8あたりでメッキとのんびりとするのもいいね。
次回は一桁番手をメインにしてみますか・・・。
 

/21