teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:24/152 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

オオハンゴウソウ

 投稿者:やませ  投稿日:2009年 8月29日(土)07時24分41秒
  通報
  木崎野温泉から三沢自動車学校に向かう路傍に、背の高い黄色い花が、今を盛りと咲いている。
かなりの距離にわたって群生しているので、よく目立ちます。
「あれは外来種だ」と、母が珍しく知ったふうなことを言う。
何という花(樹)だろうと思って調べてみた。

学名を「オオハンゴウソウ」といって、おもに北米からの外来種なんだそうだ。
毎年、8月に花を咲かせるらしい。
ところが法律によって駆除の対象になっているんだそうだ。
採取、譲渡、栽培が禁じられているとか、大麻草でもないのにね。
なんでも、背が高いうえに繁殖力が強いので、あまりはびこってしまうと
根元まで日が差さなくなって、元から咲いている在来の植生が育たなくなるとか。
そういや、一見してきれいそうなんだが、よくよく見ると派手で毒々しい。
女性に例えれば「アンダ、この辺の人じゃないね、どっから来たんだば?」とでも問いかけたくなる、感じ(人間界も最近は、というか久しくそんなケバイのが多い)。
はーん、なるほどね、勉強になりました。

あの辺一帯は、元知事の所有する敷地らしくて、うっそうとした林が繁っている。
道路の西側に杉の木もどきが林立しているから、一日中日が当たらない。
冬は路面が凍結して、おまけに轍となるから、ふんっとに走りにくい。

おおかたアメリカ兵が種子を待ってきて、こっそど植えたんだね。
ゆく夏の蝉が燃え盛るように鳴くような、花の乱れ咲きでした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:24/152 《前のページ | 次のページ》
/152