投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. hotブランド (1)
  2. ■ブランド偽物<bag26>ブランド激安市場(0)
  3. ブランド激安偽物ブランドニセモノ專賣(0)
  4. ヴィトン偽物,ブランド偽物,ヴィトンコピー(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


奥の深谷釣行

 投稿者:田渕誠一  投稿日:2019年 7月17日(水)08時47分38秒
  谷口さん既報の通り、
先週末の土曜日、金糞峠を登り奥の深谷へ釣りに行きました。
谷口師匠は体調不良で途中から単独行となり、
駆け出しの釣り師にはいささか不安もありました。

しかし結果は予想外で、写真以外にも小さくてリリースしたの、
針を外す時に逃げられたのがいて、計11匹の大漁。
稜線を越えて源流に分け入る労力を厭わないものだけが、
出あえる幸せだなと実感。

梅雨空で登山者も少なく釣り師には全く出あわず、
ガスが流れる幻想的な風景と清冽な流れを味わいながら、
無心に魚信を探る素晴らしい時間でした。

持ち帰った獲物は夕餉に並んで我が家の山の神様の大絶賛を頂き、
家庭内平和にも大いに貢献しています。
谷口師匠、鈴木名人、良い遊びを教えて頂きありがとうございます。


 

「あれから?」は33回忌

 投稿者:田渕誠一  投稿日:2019年 7月17日(水)08時30分7秒
編集済
  立山の写真は2002年10月6日です。
17年前ですね。私もまだ40代。

雷鳥平で幕営し奥大日を登りましたが、
奥大日からの帰途、まだ時間があるからなと、
三山をめぐって一の越から雷鳥平へ戻りました。
元気ですね。
今年はどうなることか。

以下に、当時私がOB諸氏に出した案内メールを再掲します。
これは昔の情報です! 今年では無いのでお間違いなきよう!!

★秋のイベント第2弾 立山遭難33回忌★

心だけでなく懐にもうるおいを。
下宿して私立大学へ通わせることがかくも大変なことか、
親の立場になってはじめて分かりました。
諸君もご両親には深く感謝するよう。
またまた田渕です。

第2弾は、立山遭難追悼会です。
今年で何と33回忌とか。
遭難された先輩方の親御さんの多くが80を過ぎ、
亡くなられた方も多いと聞きます。
次の節目は50回忌ですから、たぶん山スとして開催するのは
これが最後となるでしょう。

現役の活動が姿を変え
別館BOXが消滅し
最後の遭難追悼会を迎える

偶然か神の差配か、2002年はすべての出来事が重なる年です。
立山に眠る先輩、ご遺族にそろって挨拶をできる最後の機会です。
できるだけ多くの方のご参加を期待します。

********立山遭難33回忌予定************

 ■日時
  10月6日(日)
    10:00  立山天狗平小屋集合
        追悼式
        昼食
        解散

 ■宿泊
  紅葉の最盛期で天狗小屋は満杯だそうです。
  宿泊を予定される方は自助努力で確保してください。

 ■交通
  交通手段は、車に乗り合わせるなり列車を決めるなりして、
  適宜たどり着いてください。

 ■連絡
  色々と都合があるので、参加者の確認をしたいのです。
  お手数ですが、前にお願いしている各年代担当役員の方は、
  できるだけ連絡をとって確認をしてください。
  年代担当役員は以下のみなさんです。
  そんなん知らんかったと仰るかも知れませんがお願いします。

    54~59年度生 升田
    60~64年度生 谷口
    65~67年度生 馬場
    68~70年度生 川島
    72~78年度生 松村
    79~89年度生 近松
    90年度~   神田

******************************

ちなみに私は、せっかく立山まで行くんやから、
ちょっとは山も楽しみたいということで、
前日から雷鳥平に入りテントを張って、大日でも歩こうかと思っています。
ただし同好の士があれば、です。
だれか一緒に行かへんか?!



 

「あれから?」の写真を拡大。

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2019年 7月16日(火)17時46分4秒
  谷口さんの投稿された仕名野さんの写真を限界まで拡大して
シャープネスをかけました。
二十七回忌か三十三回忌なのかのヒントになればと思いました。
 

あれから!?

 投稿者:谷口 明  投稿日:2019年 7月16日(火)17時23分22秒
編集済
  先日の比良登山時の症状と状況をDrに相談してみると、「脱水症状で熱中症の初期ですね」と。
これからの時期登山などの運動には前夜の酒飲とかは配慮して十分に水分の補給をと注意され、ビールは水分では無く逆に体内の水分も余分に排出しますからね。暑い日のゴルフ時のビール?は最も危険ですよ。

危険と言われてやめられない事も多々あり厄介な性分です。

写真は仕名野さんから送られてきた立山慰霊祭のものです。
何年前か記録が無いので判らない。ただ慰霊祭はこれを最後にと集まった筈ですと。
皆さんの顔にまだ若さが感じられます。 二十七回忌か三十三回忌なのか調べております。

 

優先座席に思う

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2019年 7月16日(火)07時04分28秒
編集済
  電車がホームに入ってきた時空いてるのを見つけて、ドアが開くなり目指しても
ヨタヨタ歩きの吾輩より先に誰かが座ってしまっていつも間に合わない。
仕方無く、つり輪や手すりにつかまりながら、腹立たしい人たちを人間ウォッチング。

座っている連中を見てるとスマホの画面に夢中になってる人が圧倒的に多くて、
次が寝てる人や本を読んでる人。
スマホいじってる人は皆さん下を向いてて画面に釘付けなのですね。
イヤホンやヘッドホンしている人は、音楽で周りを遮断しているので、
さらにダメダメ。ほとんどの人がこの没入パターンですな。

他には買い物袋を両脇に座らせて、のうのうと座っているおばさん、
膝の上に乗せてくれれば二人座れますけどね、
全くお構い無しで踏ん反り返ってますな。

ポータブルゲーム機に夢中になって、はしゃいでいる塾帰りの小学生グループ。
これもイラっときます。
勉強はできるのでしょうから優先座席って漢字は読めるはずですけどね、
その意味は塾でもお家でも教えてもらってないようですな。

休日の親子連れも譲ってくれる事は無い人たち。
優先座席は、ジッとしてられない小さい子供たちの遊び場。
せめて靴ぐらい脱がせなさいよ、土足ってアンタ頭オカシイの?
親が優先座席の意味どころか普段のしつけも出来てないのでしょう。
子どもたちの将来が心配になりますな。
 

大変、大変!!

 投稿者:谷口 明  投稿日:2019年 7月15日(月)17時21分2秒
編集済
  三連休初日、天気予報は曇り。
田淵さんに連絡を取り先回の秘溪に出かけようと誘いかけて7時前にイン谷から金糞峠経由で源流へ登り始めたところ身体が重くて足が進まない。
仕方なく田淵さんに先行してもらいのんびり登ろうと別れました。
その内に汗が流れるように吹き出し、一服して歩き出すも状況好転兆しなし。
仕方なく下山し山小屋に帰り横になってくつろいでみました。
昼過ぎに温泉にでもと出かけると、田渕さんが心配して様子を見にきてくれました。

田淵さんの秘溪での釣果を聞くと十数匹の大漁で面白い遊びを教えて頂いたと感激の様子。

翌日、立山の夏山合宿が気になり昨日の 変調の様子見がてら散歩に出かけました。
銀閣寺まで歩き、哲学の道を通り南禅寺へと、平地を歩く分には何ら変調なく一安心。

明日に心臓血管外科の定期診察があり先生に相談もしなければと、今日も試しに大文字山へ登って見ました。
ザックも水で8キロ程の重さにし登り始めつと矢張り汗はでましたが一昨日程の身体の重みは無く、いつもの時間配分で登れました。しかし荷物分の負担は感じさせられました。

田淵さんには心配までおかけしてしまいましたが、荷物を担いだトレーニングはもう少し必要かと自覚させられた三日間でした。
 

来週から祇園祭

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2019年 7月13日(土)21時32分13秒
  小雨の中を来週から始まる祇園祭の町を徘徊してきました。
今日は三連休の初日の影響か?早くも四条大宮から東行きは渋滞でしたわ(笑)
まだ、鉾建てをしている町内もあり、明日くらいからいよいよ祭ムードかな?
 

老齢化

 投稿者:荒川 元  投稿日:2019年 7月11日(木)10時28分2秒
   最近足腰の衰えが進み先日も道路の一寸した突起に躓き あわやの場面に出会い
ました。かかり付けの整形医と相談結果立山慰霊の登山は断念致しました。当日
京都から祈りを捧げたいと思っております。また参加されるDASCOBの皆さんの無事
も祈念しておきます。
 先週 現役学生時代に厳冬期(学期末試験終了後)黒四ダムの宝蔵水量調査で種々
お世話になった 京大→岡大教授を勤められた先生と 10数年ぶりにお目にかかり
ました。(毎年の年賀状交換のみ)
 現在94歳を越えて京町屋をリホームされ 独居生活しておられましたが 先日
自宅で転倒し 気づいた時血の海の中におり 頭に大怪我し救急車で病院生活後
不安になり 突然小生宅に電話されたとの事でした。
 子供達が遠くで生活しており 京都の知合いをと思われて小生を頼りにされた
との事でしたが 腰痛持ちで 臨機応変の対応は無理で 小生の母の介護支援を
参考に説明し 行政の支援を受ける様に話ししておきました。
 少しがっかりされましたが 余命を公的支援で対処するしかなく 早めに介護
支援センターに出向き ケアマネージャーを指定して貰い その人と今後の各種
支援(介護認定を受け)を得る様にと 話しておきました。
 何れ小生も同じ立場に立たされる事になり 老後の生活+介護に要する費用の
捻出をどうするのか 絶望の日々を思い巡らせています。
 時折サマージャンボ等当たってくれないかな!  はかなき夢を追い求めています。
 

奈良の山を歩く・・・葛城山

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2019年 7月10日(水)19時49分40秒
編集済
  梅雨の中休み、逃す手はない。葛城山を歩いて来ました。
夏の草花を見つけたり、コナラ、ミズナラの葉、木肌の違いなどを観察しながら、
立山の登りをも想定し、いつもの階段を登りました。
先日、後期高齢者に仲間入りした身にはやっぱりきついものです。
今日は登山者が少なく、静かな一人歩きでした。

夏山・立山慰霊登山の概要が固まって来ました。近々にまとめます。

8日の私の山行は、天気が良ければ自分の山行歴を踏まえて、
浄土山→一ノ越→雄山→別山をめぐるいわゆる「立山三山」を歩きます。
剱の雄姿は別山あたりから眺めます。

尚、今回は夏の立山とはいえ十数名の行動になりますので、全体的な判断、決定は谷口会長と鈴木でやりたいと思います。よろしく!!
 

剣行

 投稿者:田渕 誠一  投稿日:2019年 7月10日(水)12時42分21秒
  佐々木さん
剱を目指す意欲満々で、心の準備(のみ)をしています。

今のところの私の思いは、
7日:雷鳥荘泊
8日:一の越~三山~別山乗越~剣山荘
    ※雷鳥沢直登だけではもったいないので三山も巡りたい
9日:剱往復~別山乗越~室堂(→帰宅)
    ※17:05発バスに乗らないといけません

天気次第ですし、高齢者の単独行動が事故の元ですから、
臨機応変に対応するつもりではあります。

谷口さん 秘渓へ連れてってください。
しかし、先日の落石を目撃してイン谷口~金糞峠を歩く気がしないのです。
無事でしたか?


 

頂上を目指しては?

 投稿者:谷口 明  投稿日:2019年 7月10日(水)11時07分56秒
編集済
  私の最近の山登りは、今日はあの山に登ろうと頂きを目指すのではなくてとりあえず山中を歩き溪があれば竿を出し、滝があれば飽きず眺めるというように雰囲気を楽しんでいる様子です。

先日は久し振りに武奈ヶ岳を目指してみました。
3年前の右肺摘出後、直近の肺活量検査では通常の人の三分の二と言うところで登りにおける心肺の負担が難儀で時計を睨みながらの歩行速度でした。

幾星霜経てこの齢を迎えて、今回の劔岳登高をアルプス夏登山の最後にしようかと考えておりますが迷惑を掛けると(富山県警に)折角の慰霊登山に汚点を残しそうなので控えたらとの意見多数です。
劔へは三回行きましたが、一服劔から前劔への登りのきつかった記憶ばかりです。

佐々木さんそんな気分状態です。

尚、DASCOB夏山合宿慰霊登山の参加希望者は現在18名を聞いております。
ただ個々の日程によりずれはあるようで、各自の選択コースは掌握出来ておりません。
 

8月合宿

 投稿者:佐々木 和夫  投稿日:2019年 7月10日(水)01時07分48秒
  谷口さん、田渕さん、
8月の合宿ですが、剱岳行きますか?
こちらはかみさんと二人で行く予定です。

7日天狗平慰霊、雷鳥荘泊
8日雷鳥荘から立山縦走はしないで雷鳥沢を登り剣山荘に泊、
9日に剱岳往復して雷鳥荘泊か・・
と考えていますがどうでしょうか?

剱岳に登る方はいないでしょうか?
鈴木さん、浅井さんはどうですか。
 

ポンポン山

 投稿者:今井康之  投稿日:2019年 7月 8日(月)10時22分52秒
   昨日は、梅雨の貴重な晴れ間を利用して「高槻山歩きの会」のメンバー31人(男9人、女22人)でポンポン山に登ってきました。

 ポンポン山は人気の山なので登山道も常に整備され、山歩きの会のメンバーにも親しまれている山なので、今回は敢えて多数の意見で、あまり使われない川久保~釈迦岳ルートを辿りましたが、

 これが大失敗、昨年9月の台風での倒木の整備がこのルートは途中までしか行われておらず難渋し、通常なら1時間半で行けるところが倍の3時間かかり

 頂上に着いたのは午後2時過(予定では12時半頃)、今日はみんながこのルートをと主張したので文句も言えず、ただ”今日のポンポン山は今までで一番きつかった”と、

 小生もみんなと同意見でしたが、8月の立山を控え体力強化に役立ったかな?とあえて前向きに考えた1日でした。
 

一人でのんびりと。

 投稿者:谷口 明  投稿日:2019年 7月 7日(日)18時57分48秒
  田淵さん、凄いところを見つけました。
竿はザックに入れてあったので試しに出して見ました。
小さな飛び越えられそうな渓ですが、落ち込みに竿を出すたびに食いついてきました。
足場が悪いのでほんの30分程、型は良かったです。

鈴木さん、口の深谷源流の渡渓点は沢 状態でかなり下流まで降る必要有りと感じました。
 

梅雨の合間に

 投稿者:谷口 明  投稿日:2019年 7月 7日(日)18時30分30秒
編集済
  予報を見ると、日曜日は曇りのち晴れ。
土曜日から山小屋に泊まり今朝早くに武奈岳に登りに出かけました。

金糞峠を越え、八雲方面への途中よりコヤマノ岳に直登。
武奈ケ岳へは10時30分着。 頂上は 雲の中、日曜日か人多し。

降りは、西南稜からワサビ峠、口の深谷源流を渡渓し中峠を越えて金糞峠へと周回ルート。
夏山合宿の訓練をと思い、水1リットル余分にかついだので登りは一苦労。
霧の森も味有り、充実した山行でした。
 

谷口さん!ありがとう。

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2019年 7月 5日(金)19時52分16秒
  早々に「お答え」頂きましてありがとうございます。
やっぱり鉛筆画ですか・・・。
素晴らしいですね。

今日、高瀬川界隈、木屋町界隈を撮影に行っていて驚いた。
平日の真昼間に木屋町で「客引き」やってるんやわ・・・(笑)
 

音信

 投稿者:谷口 明  投稿日:2019年 7月 5日(金)16時58分50秒
  創部記念祭の返信が返ってきており、消息なども伝えられております。

沼田先輩よりご子息 (ご長男)が脳腫瘍で緊急入院手術とは聞いておりましたが、回復なかなかにて住居を習志野に移して看病に専念と記して有りました。
河内さんも東京移転後、今年になって娘さんから一人では心配だからと娘さん一家と同居の為埼玉に転居。

その辺りの事情を安藤さんにメールすると、儂も三年になるが町田市のホームに世話になって気楽に元気にしているとの返信。住所も記してあり以後の郵送はよろしくと。

創部当時のメンバーのご健勝を願うとともに、案内状も再送しておきました。

小笹さん、鉛筆でそのような画風の描き方は有ります。そんな画法を教えてくれる教室もあります 。
 

若手?OB会参加

 投稿者:田渕誠一  投稿日:2019年 7月 2日(火)18時23分0秒
  名倉君からの報告がありました若手?OB会に参会。
若手でないですが呼んでもらってありがとう。

私が比良に引っ越して数年目くらいの現役諸君で、
丁度監督も仰せつかっていたときのメンバーでした。
今は彼らも40代半ば、社会・家庭の中核として頑張っています。

年は離れていますが、山スの絆は切れないですね。
懐かしく楽しい時間でした。
これから彼らがOB会にもどんどん顔を出してくれることを期待。

しかしこのページのことをがあまり知られていない。
もっともっとアピールせんといけません。
 

カバとカワセミ

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2019年 7月 2日(火)09時11分36秒
編集済
  カバとカワセミ
これ「画」なんです。鉛筆画か何で描いているのか判りませんが、色は無くて
モノクロなんです。(笑)
この時はファインダー越しに構図ばかり気にしてたので、画の正体まで気がつかず。
世の中には、凄い人が宇宙の星のごとく居るんだなぁ~~と痛感。

だから、もう一度行って今度は画の正体を探ります。
ちなみに、これは一件の家の窓内に展示してありました。

谷口画伯、これは何を使って描いてるのですか?

展示してある場所は、背景が白だったので画像処理したのが2枚目です。
 

若手?OB会

 投稿者:名倉大輔メール  投稿日:2019年 6月30日(日)00時04分34秒
  大野の呼びかけで、一緒に山に行ってた仲間+監督が集まりました。20年振りに再会する先輩(鬼鞍さん)は変わりなく、今と昔の話で盛り上がりました。先輩の、山でも街でも道に迷われるところは実に懐かしい感じがしました。
私は20数年振りに の京都でした。変わったところと変わってないところの境い目を探すのに時間がかかりました。
田渕さん、鬼鞍さん、大野、野守、今日は素敵な時間をありがとうございました!
 

/210