<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. hotブランド (1)
  2. ■ブランド偽物<bag26>ブランド激安市場(0)
  3. ブランド激安偽物ブランドニセモノ專賣(0)
  4. ヴィトン偽物,ブランド偽物,ヴィトンコピー(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


比良の溪に入る

 投稿者:谷口明  投稿日:2021年 3月 5日(金)17時35分33秒
編集済
  はや三月啓蟄、もう雪も無かろうと今年初めて溪筋を歩いて来ました。

昨年の長梅雨でか、いたるところが崩れ落ち倒木も激しい。
土砂と岩で川相も大きく変わり、年齢のせいか足元が踏ん張りが利かず乗り越えていくに難儀なり。

上部には岩陰に残雪もあり水温は未だ低そう。
竿を出してみるが食いつきが浅く上手く釣り上がらず、今夜の肴程度。
釣果は無くとも、のんびりゆっくり。

今年も来れたかと思い、願わくば程々に元気で80までは山へ登り85程までスキーを楽しみながら生き永らえたいと先輩諸氏の書き込みに羨望しながら物思い。

誰もいない山中はだだ静かでした。


 

8年後には財政再建団体の怖れ

 投稿者:沼田成一郎  投稿日:2021年 3月 5日(金)17時32分37秒
編集済
  今日は啓蟄、二十四節気の一つで冬籠りの虫が這い出ると云う谷口さん得意の春の季語だ。小笹さんの云う1968年(昭和43年)発売の【オリンパストリップ】は小旅行用に手軽に持参出来て、かつ故障が少なく人気を集めた超ロングセラー機だつた。今も楽天市場では、新品発売時(1万4500円)より高い中古品が2万3000円から2万9000円ぐらいで取引されている。それにしても小笹さんはモノを愛しているんだね。  令和3年3月1日発行の「市民しんぶん」(947号)を見た。政令都市の一つ、京都市が財政再建団体になると云うショッキングな話しだ。国民健康保険料3割値上げ、保育料4割値上げ、また15万人が利用している敬老乗車証の廃止が論議の対象になつてきた。今年の予算は、1兆8877億円。毎年の様に発生する500億円の財源不足分は、公債償還基金の積み立て金を取り崩し補充するとのことだ。今後の改革如何では、5年後に財政再建団体になると云う。国の一般会計予算でも106兆6097億円で過去最高だ。気になる中身は、社会保障費35兆円(33.6%)、国債費23兆(22.3%)、地方交付税交付金16兆円(15%)、新型コロナウィルス対策費5兆円(4.7%)となり、国の予算も苦しいので地方交付金も増えないだろう。  

奈良の山を歩く・・・金剛山

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2021年 3月 5日(金)13時52分33秒
編集済
  昨日は早春の金剛山を歩いてきました。いつもの登山道ではなく奈良側から一番南の天ケ滝道を久しぶりに歩きました。
登山道はよく整備されていましたが、奈良の山はほとんどが1000mぐらいまではスギ、ヒノキの植林帯で単調です。
この道も正にその通りで樹下には青木やミヤコアオイが見られるぐらいです。
やっと山頂付近からブナなどの自然林となり、昨日はところどころに雪も残り、フクジュソウが彩を添えていました。

『原色牧野植物大図鑑』(正57年、続58年版)のこと・・・沼田さんが京都の古本屋を尋ねた投稿がありました。結構、貴重な図鑑みたいですね。
私は古本屋が来る当日、自分の書籍がいくらぐらいで売れるかばかり考えていましたから、図鑑は二の次でした。
知った本屋でしたので最後は阿吽の呼吸で値を決め、図鑑を引き取りました。数千円で置いていきました。今思えば良かったです。
この図鑑の特徴は3888種の植物をイラスト(スケッチ)で図解していることです。
読み進めるにつけ牧野富太郎博士の地道な努力と偉大さが思い知らされます。

写真はコショウノキ(ジンチョウゲ属)?、山頂付近のフクジュソウ   

100http://

 

オリンパス トリップ35

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2021年 3月 5日(金)08時56分4秒
  3月4日 20:45

オリンパス トリップ35
50数年前に発売当初は、オリンパ「ストリップ35」というニックネームが有ったと聞きます。この方が「いいね」(笑)

前回はモノクロフィルムでテストしたので、今回はKodak ULTRAMAX400を使って総天然色を試してみました。
添付した画像がその作例です。モノクロの時と共通しているのが、晴天の下では綺麗に写るが、「うす曇り」や日射しの弱い部分は、全く駄目です。およそ40年間もの間、使われず文庫の中に入っていたので、レンズ周囲のイボイボガラス玉から光線を取り入れ、カメラ内蔵の「セレン電池」に蓄電する機能が作動しなくなっていると自己判断。
 それ故に「A]オートに設定しても、オートの機能が働いていないと思う。「A]オートを解除すれば、シャツタースピードが1/30になると書かれており、手ぶれ現象が起きるだろうな?
 時間をかけて仲良く、慌てずに付き合っていきます(笑)
 

先進国1

 投稿者:荒川 元  投稿日:2021年 3月 4日(木)11時37分43秒
   先日OECDによる 各国の賃金報告で 2019年の平均賃金は
 日本 38,617$  米国 65,836$  ドイツ 53,638$ 韓国  42,285$
 本調査は 購買力平価を用いた ドル換算で 為替や物価の影響を考えなくて
よい。失われた30年と揶揄されて来ましたが やれ日本は豊かだとか アベノミクスで
経済が潤ったとの 嘘の政府の宣伝で 気づけば韓国よりも低い状態にあります。
 孫達にも この事実をPRして 日本を脱出し海外で働いてゆく事を PR したく
考えています。
 

コロナ自粛20

 投稿者:荒川 元  投稿日:2021年 3月 3日(水)10時55分47秒
  →小笹さん
 医者の見立てがよかったのですね。よかったです。最近は 効果ある薬が
提供されており 昔ほど悩むことは少なくなっています。
飲み薬、塗り薬は 速効ですが・・・完治次第再び発症する恐れがあり 本来
体質そのものを変化させる事が必要です。その為には
 体質そのものを変化させる L92乳酸菌配合のアレルケア(カルピス)等を
発症1ヶ月前から 服用すれば 花粉症への対策にもなります。薬そのものは
高いのと継続購入を要求されますが・・・3ヶ月程度で 止めて良いと判断して
います。毎年前年の暮れ頃 拡売キャンペーンしており 試して診たら如何?
 

今日の喜ばしいこと

 投稿者:沼田成一郎  投稿日:2021年 3月 2日(火)23時09分12秒
編集済
  仕名野さんが投稿するのは、久しぶりだね。いずれにしても85歳の誕生日おめでとう。また肺がん手術後の経過は、呼吸困難もなく順調に回復しているようで私も嬉しい。さつそく山歩きとは、若い元気な気力をお持ちだなと感心する。山道で見つけた花はリュウキンカ(立金花)。写真を見ると、株元から出る葉は丸みのある円心形で、直立した茎の先に「鮮やかなキ色」の花を付けている。花言葉は【必ず来る幸福】だ。タイミングのよい花の選択は、DASCOBの皆んなを思った仕名野さんの思いやりのある演出かと思う。    また昨日の日中は、21度もありコートなしでも汗ばんだ。散歩がてら三条河原町近辺の三軒の古書店に行った。鈴木さんの求めた【原色牧野植物図鑑】を探すためだ。2店舗は置いてなかつたが、1店舗には店主は5000円のコンパクト版があると云い探してくれたが、既に売れた様で無かった。昭和57年刊行の牧野富太郎の図鑑の相場を聞いた。版数によって変わるが、2万円ぐらいだろうねと云う。創立110周年記念平成版原色植物大図鑑(全2巻)は3万5000円、刊行80周年版ならば1万3000円ぐらいと云う。学生版と云うコンパクト版は、4000円から5000円だ。鈴木さんは高価な古書を手に入れられたんだ。 さらに私ごとだが、2月28日の日曜は孫娘の所属する長野市の太鼓集団【雅】の公園が、長野市芸術会館であつた。孫娘は、地元の大学に入り高校からのブラバン(フルート担当)を続けるとともに、山岳部にも入り、かつ善光寺に毎年恒例の奉納和太鼓を行なう太鼓集団に参加して、篠笛を担当している。その公演のチケットを送ってきたが、コロナ禍により長野行きを懸念して善光寺参道で写真館を経営する後輩に公演写真を頼んだ。公演の結果を電話で知らせてくれた「雅やかに舞い、鼓動に響くものであった」と感動していたこともあって私も安堵した。

 

荒川さんへ

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2021年 3月 2日(火)19時39分0秒
  ありがとうございます。

風呂に入ったり、蒲団に入ったり・・・
体が温まると体中がかゆくなる現象が起きてきました。皮膚には赤い斑点が出たりしたので

昨日、辛抱しきれず病院の皮膚科に行ってきました。

荒川さん!診断の結果、何と。。。花粉症が原因らしいです。
思わず「えっ?」でした(笑)

塗り薬、かゆみ止めの飲み薬
昨夜から塗り、飲み始めたんですが
なんと・・今日はかなり「かゆみ」が取れました。
赤い斑点はまだ残っていますが、しばらくこの薬で頑張ってみます。

やはり、荒川さんが言うように病院からの「薬」は安いです。
 

コロナ自粛18

 投稿者:荒川 元  投稿日:2021年 3月 2日(火)13時49分21秒
  →小笹さんへ
 花粉症との事 涙が止まらない、クシャミが出る、鼻水が止まらない イライラ
するなど 不愉快な症状が連続してたまりませんね! まして当節他者にコロナ感染
を疑われるなど 大変な日々を過ごして 精神的にも弱っていると思います。
 小生も現役時代 花粉症で悩まされていました。現在は過敏でなくなったのか
花粉症で悩むことはなくなりました。でも時々症状が出るので 市販の薬で対処
しています。
 目には パタクール点眼薬 0.1%、アレジオン点眼薬 0.05%
  鼻・皮膚等のかゆみ止め アレグラ錠60mg、アレジオン錠20
  飲み薬 ムヒAZ錠(12hr効果)
これ以外にも 種々雑多な薬が販売されていますが 塗り薬と飲み薬を併用すれば
効果は高いと判断します。
 また市販品での対処は 結構高く付きます。かかり付け医と相談して 薬を貰った
方が安く付きます。先ずはかかり付け医と相談されたら如何?

 スキー板の経験は 単板ヒッコリー板(父の払い下げ品)、竹板(合板)、ヒッコリー
合板、金属エッジ付き 等々進歩を目の当たりにして・・・
 現在はスケボーが幅をきかせ また雪遊びする人口も大幅に減っていますね!
 

長生きした

 投稿者:仕名野完治  投稿日:2021年 3月 1日(月)21時10分21秒
編集済
   昨年末、肺癌摘出手術となりえらこよになったと心配したが本年2月25日に85回目の誕生日をむかえることが出来ました。まだ車を運転する事ができるんできょうも山小屋へ春をさがしに行って来ました。  

長生きした

 投稿者:仕名野完治  投稿日:2021年 3月 1日(月)20時48分0秒
編集済
   肺がんと宣告された時は。えらいことになったと心配したが、2月25日に85歳の誕生日を迎えることができました。呼吸困難は、ありません。まだ車で比良山の山小出かけています。今帰って晩酌をやっています。フキノトウが沢山出ていたが今年は、何故か小さくて。つむきにならなくて横のりゅきんかの黄色く花びらが太陽の光を反射する株をさがしてきました。

 

荒川先輩へ

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2021年 3月 1日(月)13時51分30秒
  青春期ときれいにお別れされましたね。
お見事です??

それにしても懐かしいスキー板、金具?
 

コロナ自粛16

 投稿者:荒川 元  投稿日:2021年 2月28日(日)16時58分56秒
  加齢と伴に 所持品の整理を女房からせつかれる様になって来ました。既に登山靴、
ピッケル、カナビラ等は処分済ですが スキー板が6本(息子分含め)保管(?)あり
処分するように指示され 対応する事にしました。
 1本数百円出せば 大型ゴミとして処分出来ますが 思い出に浸りながら家庭ゴミ
として 処分する事にしました。
 一本ずつ 懐かしいキズをなぞりながら 学生時代から会社員35歳までに購入した
物ばかりです。意外に八方尾根、立山、栂池、黒部渓谷、伊吹山等々 思い出が
残っているものですね!
  家庭ゴミ故に 金具をはずし、スキー板を切断する作業があります。
金具はドライバー一本あれば取り外し出来ました(昔のはマイナスネジ)、スキー板は
ジグソー切断予定しましたが 時間が掛かるため ディスクグラインダ-を用いました。
金具は 今はなきMARKAR製です。スキー板は フランス、オーストラリア製のヒッコリー合板(2~3
mm厚)で表面は1mm程の滑走面樹脂塗布と表面樹脂塗布がされていました。
  エッジ部分はアルミ合金かな?  当時の最先端技術が用いられていたのでは?
金具は 無料回収の人が喜んで引き取って呉れました。
 分解写真1本分を貼付けておきます。我が青春・成人時代さよならの感傷に
浸って下ります。
 

工作

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2021年 2月27日(土)21時25分42秒
  私にはコロナより怖い花粉症。今日も朝から1日泣いてます。
外に出る気持ちも起こらず、・・高校時代の通知簿で「4」だった図工でも・・・。
今日は、58年前のカメラ。オリンパス トリップ35カメラの化粧直しの工作をしてました。

私の父親が使っていました。
遺品整理していた時に出てきたカメラですが作動しなかったので
娘婿に預けておいたんです。
忘れた頃に「おとうさん!直りましたよ!」
彼は仕事柄手先が器用で、
古道具屋で動かないようなゼンマイ式の柱時計を買ってきて直します(笑)
今でも時刻を知らせる「ボ~ン!ボ~ン!」という懐かしい音が聴けます。

表面の黒色合成革を剥がして、西陣織の裂地を裁断して貼り付けました。
ところが…接着剤が浮かび上がり「しまった!」(泣)

そうだ!!?無地より「斑点模様」と見たらエエやん!!?(笑)
無理やりの自己満足させました。
さっそくフィルムを入れて写しに行こう!
 

造語【晴歩夜読】

 投稿者:沼田成一郎  投稿日:2021年 2月26日(金)00時51分36秒
編集済
  万年青(オモト)は一年中、緑の葉を茂らせることから庭に植えると縁起が良いと云われる。我が家の庭にも10株のオモトが12月より、それぞれ3個から5個の赤い実を付けていた。処が今朝、2株を除いて実の無くなる事件があった。まわりを見ると、門柱の上に赤い実と鳥の糞があった。大きなオモトの実を取るなんて、犯人は大きな鳥が予想される。また好奇心が鳥の分野にも及んできた。鈴木さんの奈良には、1500米前後の山々がたくさんあるんだ。ブログひとくち紀行文を読ましてもらっていると、楽しくなる。このワクワク感は、谷口さんの毎日の様に行く大文字山登山、そして今井さんがマイ庭の様に歩くポンポン山、皆さんの棲場のようで気持ちが落ち着くね。   私の落着き場所は、もつぱら【晴歩夜読】であり、昼は証券会社などを歩き、帰りに家内に頼まれた買物などで5000歩(京都市推奨する7000歩を歩きたい)を歩き、夜は読書三昧に入る。読書の内容が変わってきた。目標達成や組織論の読書から、登山やテニスやランニングのテキスト、現在は健康に関する新書に嵌っている。この2月には、「病気にならないからだをつくる免疫力」(安保徹、免疫学)、「健康常識のウソだらけ」(奥村康、免疫学)、「人は血管から老化する」(池谷敏郎、内科及び循環器科)、「医薬品クライシス」(佐藤健太郎、医薬品メーカー研究職)、「がまんするから老化する」(和田秀樹、精神神経科)、「デキる女とダメな男の脳習慣」(大島清、大脳生理学)などにインパクトのある読後感を持った。
 

馬場氏から頂いたカメラ

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2021年 2月23日(火)21時29分26秒
  風邪が完治したら、次は恒例の「花粉症」で泣いています。

今年の目標としていたフィルム撮影の第一弾が上がって来ました。
ニコンのN501でフイルムはイルフォード400、
ニコマートELでコダックTX400.
どれくらいの差が出るかをためす意味でも、カメラとフィルムを変えて写しました。

此処では馬場氏から頂いたニコマートELを紹介します。
コダックTX400のモノクロフィルムを装填しての作品もギラギラした感が無くソフトです。
これは50年前のニコンのカメラなんでフルマニュアル。
ピント合わせ、絞り、シャツタースピードを自分で設定してやらなければなりません。
まさに体感露出計です(笑)。
何枚か露出の失敗もありましたが・・・勉強です。

現像してもらったフィルムをCDに取り込んでもらい、パソコンに入れました。
 

奈良の山を歩く・・・三峰山

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2021年 2月23日(火)20時42分20秒
編集済
  今日は今年最後の冬山か?と、霧氷祭り中の三峰山を歩いてきました。
しかし、昨日の谷口さんの蓬莱山と同じく霧氷どころか雪もほとんどなし。やっぱり暖冬ですね。
今日は歩き始めると右足に少し違和感があり心配、大したこともなく無事下山しました。
80歳で悠々の記念登山の今井さんすごいです。私も何とかあやかりたいものです。

東北の地震、佐々木さん何事もなく良かったです。
しかし、近年の東北には運命の女神が微笑みません。油断なくしっかり終活してください。
そろそろカタ雪の屏風岳でも歩きたいですね。

昨秋、終活で書籍整理の際、古本屋に植物図鑑あるかというと、先日、沼田さんが書いていた牧野富太郎博士による「原色牧野植物大図鑑」正続二巻を持って来ました。
私には少々大層でしたが、せっかくなので引き取りました。
今は調べるだけでなく、暇な時には最初から読むようにしています。
しかし、へなちょこジジイのこと、いつまで続くやら。

写真は雪が見える大峰の山々、近畿のマッターホルン高見山、スギゴケ?

http://

 

80歳の先輩に負けじと?

 投稿者:谷口明  投稿日:2021年 2月21日(日)19時39分0秒
編集済
  スキーは華麗にカービングをこなされ、ゴルフも伸びやかに池越えなど物ともせず万年青年と思いきや??
今井先輩も80ですか。

今朝,,山小屋で朝を迎えるとトマトのような朝日。
比良の雪を楽しもうと出かけてみました。

頂きは 例年に比して雪すくなし。
天気清涼なれど風冷たし。  眼下霞みて遠山眺望のぞめず。

下りの溪筋、岩上に身体横たえしばし昼寝。
陽射し顔に優しく春を感じさせて頂く。

次回は竿を持参。

 

花背別所は春近し

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2021年 2月21日(日)16時54分11秒
  まだ、積雪があるだろう?と今朝から左京区は花背峠を越えて向こう側の麓の別所を
散策してきました。
積雪は期待していた程には無かったのですが、そこには過疎に近い別所の村で、
誰一人村人にも会えず、廃村のような世界でした。

40年前にゲレンデにシュプールを描いた花背スキー場跡も見るに偲ばず。
この地に居ると時間が走馬灯のように逆戻り。
ふと我に帰れば、まもなく77歳の爺さんだ。
天を仰いでみるも、なにか寂しい今を感じる。
 

風化は語らないことから始まる

 投稿者:沼田成一郎  投稿日:2021年 2月21日(日)14時15分49秒
編集済
  今井さん、滿80歳の記念登山おめでとう。80歳と云えば、まだまだ元気だね。私も80歳の時に、当時103歳だった高齢ランナー宮崎秀吉さんの会って、第22回京都マスターズ陸上選手権に出場した。やがて生涯スポーツの世界大会の国際マスターズゲームズに出て、アフリカやアメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアの選手たちと技を競う大志を抱いた。この大会は、2021年5月15日から5月30日までの16日間に亘って開催される。トレーニングをやってきたが肺を患い、医者から心拍数120超える運動はダメと云われた。夢は90歳も走り、100歳ランナーとなることだった。現在、元気になる最も簡単な方法は、回想法だ。脳内を活性化しながら、生き抜く力を与えてくれるのだ。自分史を書くんだと言っていた河内さんを懐かしく思い出す。元気に書き続けているかな。子ども時代、新婚時代、会社時代、そして終活時代と回想する。なかでも風化の怖れがあるものは、子どもの時の物語りだろう。お土居の側で、ヤマイチゴを取り走り回っていた。今は平地化し、民家が並んでる。小学低学年の時には牧場の跡が残っていて、夜に燐の様な光が出るのを探検に行ったりした。50人ばかり住んでいた子どもは、3人が町内に残って居るだけとなった。また上賀茂発の市バスは、堀川通から大宮通りに入り、自分ちの家の前で停車した。便利が良かった。我家の子どもたちを呼んで風呂に入れてくれた向いのオバさんも居ない。お菜を作ったと言っては、差入れしてくれた隣人もいない。昔話をする人は、居なくなった。語らないままに記憶は風化する。  

/240