投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. hotブランド (1)
  2. ■ブランド偽物<bag26>ブランド激安市場(0)
  3. ブランド激安偽物ブランドニセモノ專賣(0)
  4. ヴィトン偽物,ブランド偽物,ヴィトンコピー(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


雷鳥荘

 投稿者:大石  投稿日:2019年 8月 7日(水)16時26分5秒
  雷鳥荘に到着しました。
雨に降られたりしましたが、もう晴れてます。
 

晩御飯のおかず

 投稿者:田渕 誠一  投稿日:2019年 8月 5日(月)13時07分56秒
  昨日も晩御飯のおかずを調達に比良へ。
深谷の本流はあまり釣れず型もいまいち。
むしろ支流の小さな落ち込みで良いのが釣れました。
家の前の溝で掘ったミミズも試してみたところ1匹ゲット。
コストの安い遊びです。
しかし荒川峠の登りは単調で楽しくないですね。

 

古い写真

 投稿者:谷口 明  投稿日:2019年 8月 4日(日)07時28分23秒
編集済
  小笹さん写真掲載を早速に有難う御座います。

私は結婚して間なしの頃に実家が火事で以前の写真など記録的な物は全て無くなってしまいました。
今年の6月、中学・高校の同級生の一周忌法事で家に詣でた折に彼の少年期のアルバムを見せて頂き懐かしく拝見しました。
この写真の頃、毎月のごとく信越方面に出かけ山やスキーやと明け暮れており多少の反省も湧いておりますが元気に遊んでいたものだと感心も頻りです。
 

谷口会長から依頼の写真

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2019年 8月 3日(土)21時18分2秒
編集済
  谷口会長から、「小笹が持っている3年の時の夏山合宿の写真を掲載してくれ!」と
依頼が有りましたので掲載します。

夏の立山は3年の夏合宿に真砂岳へ直登し、内蔵助カールで雪渓訓練、劔沢から裏劔仙人池へ、さらに黒部渓谷阿曽原温泉と歩きました。
当時の仲間二人石井君、岡本君はすでに旅立ってしまい寂しくもあります。

今からだと55年くらい前の写真ですね。
この時のメンバーは、
谷口、小笹、岡本(森岡)、石井、山本(途中から山岳部に移る)の5名。
だけど、すでに岡本君と石井君は立山の天空に・・・・。

最初の写真は、内蔵助カールで雪渓訓練をした時のスナップ。(岡本君の撮影)
2枚目は、谷口さんの「立山」の文面にもあります「阿曽原温泉の露天風呂」です。
石井君は私のヘルメットで大事なところを隠しています。
私の左手の痛々しい包帯は、雪渓訓練練習中に左手の甲の皮膚を剥けてしまった傷。
このために私はこの後、欅平からメンバーと別れて下山でした。


 

世情

 投稿者:荒川  元  投稿日:2019年 8月 3日(土)13時53分14秒
   慰霊祭が近づくに従い 世界の政治・経済は混乱拡大に向かっています。特に政治に
無関心、感情に流されやすい国民性を有した国々は 極右ポピュリズムに向かい、国の
指導者達は独裁国家を目を指すのが 歴史の常です。
 火の付いた松ポックリを世界の彼方此方にまき散らして 愉しんでいるトランプ氏、
EU離脱で 欧州の孤児になりつつある英国首相、世界各地に金と軍事力を駆使して覇権
を求める習主席、国家間の法律・協議を無視し反日を煽り人気取りに汲汲している文氏
等 全く収まる兆しすら見えず困ったものです。
 日本はもう少しましかな? と思っていたら 今年の参院議員の当選者の政党責任者が
国会内で法律を無視する意見を述べたりして 世界の病原菌に冒されたのでは? と
思える様になって来ました。DASCOBの皆様は 力が無いとは云え 人生最後の働きに
力を注げればと思います。
 

立山

 投稿者:谷口 明  投稿日:2019年 8月 3日(土)13時37分16秒
編集済
  皆さん、立山にはそれぞれの思い出があり又その当時の友人達との絡みも思い起こされて何よりです。

太田さんの参加に続き荒俣さんからも参加連絡がありました。
慰霊祭には20数名、夏山合宿立山縦走は15人の団体となりました。

OB会としての夏山合宿は2013年夏に五竜、鹿島槍と縦走したのが始まりで今年度で7年目となります。
その間、北岳、笠が岳、白馬岳などを楽しみ昨年は八ヶ岳赤岳に向かいました。
高齢登山者5、6名のグループでしたが以降は参加者が増えそうで愉しみですね。

私にとっても夏の立山は3年の夏合宿に真砂岳へ直登し、内蔵助カールで雪渓訓練、劔沢から裏劔仙人池へ、さらに黒部渓谷阿曽原温泉と歩きました。
当時の仲間二人石井君、岡本君はすでに旅立ってしまい寂しくもあります。

その後2012年9月に家内を連れだって雄山から別山と縦走し劔沢を下り夏合宿の同じルートを訪ねました。
その折、泊まった阿曽原温泉の主人が若き時富山県警山岳救助隊で神保隊長(遭難当時県警の隊長)のもとでシゴかれ励んだと昔話が酒の肴になりました。

思い出多き立山、楽しみにしております。
 

来週立山

 投稿者:田渕 誠一  投稿日:2019年 8月 2日(金)08時45分30秒
編集済
  73年太田之憲先輩が、7~9日参加されるそうです。
立山三山・剱行も同行とのことで、
小生が2回生の5月合宿以来、太田さんとは実に43年ぶりの山行となります。

あの合宿では、天狗小屋での合宿を終え弥陀ヶ原まで一旦下山した後、
個人山行として4回生太田さんと2回生全員が雷鳥平まで登り返し、
数日間幕営して山スキーを楽しみました。
あのころは連休時期には弥陀ヶ原までしかバスが行かなかったから、
登り返しはしんどかったなあ。

雷鳥平での経験は、それまでゲレンデスキーで(今でいう)バックカントリーを
滑っていたものから、本格的な山スキーへと転換するエポックとなったものです。

来週の天気はずっと晴れみたいですが、
7日、8日あたりは雷マークがついているので、ちょっと心配。
「くわばらくわばら」ととなえる練習をしておきます。
 

伊藤君の想い出

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2019年 8月 1日(木)17時04分47秒
  佐々木君!ぜひ天狗平の慰霊碑の前で語りかけてあげてください。

50数年前、河原町三条の朝日会館の地下で、店の名前は忘れましたがスナックがありました。
彼(伊藤君)がその店のカウンターの中でアルバイトをしていましたよ。
いまから思えば、11月の立山合宿の出発数日前に私は行ったのを覚えています。
どんな会話をしたのかは全く忘れていますが、数日後に迫った立山合宿の話はしていたと覚えています。

わたしは当時、OB会現役担当係(今はそんな役職はありません)をしていたので、
本来はこの11月合宿に参加の予定だったんです。
ところが、私の長男が11月3日に生まれたものですから、嫁さんの母親に立山合宿参加を猛反対され、
結局は不参加となってしまいました。

多分ですよ、伊藤君には合宿不参加の事を伝えに行ったのかもしれません。
地下のスナックでカウンター越しに彼と会話したのが・・・最後でした。
 

猛暑・立山

 投稿者:佐々木 和夫  投稿日:2019年 7月31日(水)23時08分1秒
  仙台も梅雨明けだそうですが、2,3日前から真夏日です。
今日も明日も明後日も35℃、でも一週間前は最高気温21℃!
暑いのは昔インドで50℃まで経験したけど、この落差は勘弁してほしい。

あまりにも暑いので仕方なくエアコンかけて家に引きこもり本を読んでるうちに
立山の追悼誌を読み直しています。あの時、山もスキーも頭の中になかったので
同期だった伊藤くんに申し訳ないという思いでいっぱいです。
初めて行く天狗平の慰霊碑の前で伊藤くんに自分の気持ちを話したいと思います。


 

ご機嫌伺い

 投稿者:荒川 元  投稿日:2019年 7月31日(水)14時39分42秒
   毎日 京都はうだるような暑い日々が続いていますが DASCOBの皆様お元気にお過ごしの事
と存じます。立山慰霊の旅の日も近づいて来ており その準備に追われている様子をHPより感じ
取っております。小生相変わらず軽い腰痛と右足のしびれに悩んでおり 事前に慰霊の旅断念に
後悔はしておりません。
 当日 京都より「般若心経」なりを吟じ 供養に努めたいと思っております。立山はすっかり
観光地化し 昔の風情もなくなっておりますが それでも高山故に事故等に遭遇しないように
最新の注意を払って 旅をしていただきますことを祈念しております。
 

奈良の山を歩く・・・金剛山

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2019年 7月30日(火)17時59分27秒
  来週の立山慰霊登山に備えて炎天下の金剛山を歩いて来ました。
慰霊登山のDASCOBとしての全体的な準備はほぼ出来て、
あとは天気とそれぞれの体調管理だけですね。
個人的には冬の立山しか知らないのでこの時期の立山をすごく楽しみにしています。

今日の金剛山はいつもの山百合は大半が終わり最後の2~3輪が残るのみでした。
夏花も少ないめ、まあトレイニングでしたから。
7日までにもう一回出かける予定です。
 

役員会報告

 投稿者:広報  投稿日:2019年 7月28日(日)09時10分2秒
編集済
  蝉の鳴き声が一段と大きくなり、いよいよ夏本番となりました。
OB 諸兄の皆様、暑さ厳しくなる折十分に体調管理にご配慮下さい。

昨日、10月の創部記念祭並びに来週に迫りました立山慰霊登山について打ち合わせを行いました。

夏山合宿慰霊登山は会の方々19名の参集となりました。
仕名野、升田、今井、東山、谷口、谷、浅井、鈴木、秋山、樽井、樽井夫人、馬場、川島、佐々木、伊原、大藪、田渕、島、大石(敬称略)

7日午後2時半頃に天狗平大岩付近で祭壇を設けて頭を垂れる予定でございます。
残念ながら参加出来なかった皆様、立山に向かって合掌していただければ幸いです。

ご多用中の参加でそのまま下山の方々、翌日 翌々日と立山三山、劔、大日岳と夏山を楽しまれる方々と各自の予定と体力に合わせた活動となりますが慎重に頑張って下さい。

記念祭に関しましては、「だすこぶ」の掲載寄稿文は8月末までに鈴木宛に宜しくお願いします。

総会、記念祭の返信ハガキもまだまだ帰って来ておりません。
多数の皆様の参加をお待ちしております。
同年代の方々、是非に誘い合わせてお集まり下さい。

締め切りは8月末ですが早めのご返事宜しくお願い致します。
 

荒川峠

 投稿者:谷口 明  投稿日:2019年 7月26日(金)17時43分10秒
編集済
  先日に比良トレーニングで脱水症状でリタイヤーしてしまい、八月の立山登山を悩んでおりました。

鈴木さんより荒川峠を越えて南比良の深層部 へ入ろうとの提案に乗っかり再挑戦を試みました。
前夜の酒も控えて臨んでみましたが、荒川峠は縦走で通過はしましたが直登は始めたでした。

登山口からの標高差650m、荒川という名にしおう厳しい登りでした。
昔からの修験道の道なのかガレ場も無く整備されてはいるが急登を細かいつづら折りの連続がしつこい程。
峠へ登り着いた時のほっとした開放感。      荒川さんを押さえつけたような気分でした。

しかし厳しい後にはご褒美も有るもので、下った渓筋は登山者も少ない様子で道も途切れがち。
周りも鬱蒼とした落葉樹林。そんな静寂な中を流れる溪の落ち込みに竿を出すと飛び跳ねるように食いついてきました。

山小屋に帰り着き、冷凍保存にと思ったが多すぎて比良温泉に入りがてら田淵邸に届けようと電話すれど繋がらず。
仕方なく冷蔵庫は一杯。  次回蓬莱亭はアマゴ尽くしの食べ放題コース。  ご期待を!

鈴木さんサポートありがとうございました。
島さんご無沙汰でした。立山での再会楽しみです。
 

比良に遊ぶ・・・荒川峠~南比良谷~大橋小屋

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2019年 7月25日(木)19時10分36秒
  島さん、慰霊行事に参加されること了解です。立山駅で合流しましょう。
8日、一緒に歩けないこと残念ですが、ぜひまたの機会を作りましょう。

昨日から蓬莱山荘にお世話になり、
今日は谷口会長と共に荒川峠登山口から歩き始め、
約2時間のダラダラの登りに負けそうになりながらなんとか荒川峠にたどり着く。
そこから南比良の谷を下り、つぶれた水晶の小屋を通過し、
いつの間にか奥の深谷との合流点、大橋小屋に着いてしまう。
そこで二人の伝家の宝刀、竿をだし1時間半ほど釣りを楽しみました。
釣果は見てのとうり、27センチの大物も。楽しかったです。
 

慰霊行事参加

 投稿者:島 智一  投稿日:2019年 7月25日(木)11時24分19秒
  75年度 島@金沢です。8月7日の天狗平・慰霊行事に参加したいと思います。12時30分立山駅にて合流し、慰霊行事のあとは、天狗平または室堂からバスにて下山の予定です。よろしくお願いします。  

剱岳

 投稿者:佐々木 和夫  投稿日:2019年 7月23日(火)23時51分4秒
  田渕さん、

剣山荘の予約お願いします。
40年ぶりの剱に果たして登れるか、
歳を自覚して無理しないで行きたいと思ってます。
よろしくお願いいたします。
 

天狗平のお地蔵さん

 投稿者:佐々木 和夫  投稿日:2019年 7月23日(火)23時41分59秒
  仕名野さん、
天狗平の大岩とお地蔵さんの写真ありがとうございます。
50年の歳月を感じます、8月には是非とも現地で手を合わせたいと思います。
 

立山・剱

 投稿者:田渕誠一  投稿日:2019年 7月23日(火)15時09分4秒
  佐々木さん こんにちは。

今回の選挙、東北だけ別の国のようですね。
井上ひさし「吉里吉里人」の世界を思い出します。

剱行、よろしくお願いします。
奥様にお目にかかるのを楽しみにしていたのに残念。
豪脚とお聞きしていたので負けないように鍛錬してました。

行程ですが、
三山縦走にお付き合い頂けるようでうれしいです。
もちろん剱往復もよろしくお願いします。
なんせアルプスは15年ぶりくらいなんで、独りはいけません。
9日の別山乗越以降は別行動になりますが。

小屋は予約しといたほうが良いのでしょうね。
剣山荘へは私から2名で連絡しておきます。

 

8月立山

 投稿者:佐々木 和夫  投稿日:2019年 7月22日(月)23時47分37秒
  度々すみません。
本当は立山の件をメイルするつもりだったのですが
ゆうべの選挙が頭の中を占拠してました。

立山にうちのかみさんを参加させて下さいと前にメイルしてましたが
用事ができてしまい残念ながら参加できなくなりました。
私一人で参加しますので雷鳥荘の宿泊をすみませんが一人キャンセルお願いします。

田渕さん、剱岳は登りたいので

8日(雷鳥沢からではなく)立山縦走して剣山荘泊
9日 剱岳往復と一緒に行っていいですか?
   この日に帰る予定ですか、私は別山乗越に泊まり
10日 奥大日を往復して室堂に降りて帰ろうと思っています。

どうでしょうか。



 

選挙速報

 投稿者:佐々木 和夫  投稿日:2019年 7月22日(月)21時53分39秒
  全国的にはそれ程盛り上がらなかった参議院選挙ですが、
こちら仙台ではまれにみる大接戦、勝ったのは野党統一候補の新人。
以前から少し知り合いだった彼女が出場宣言をしたのは2ヶ月前、
いままで政治の話をしたこともなく、「えっ!」とびっくり。
相手は仙台では誰もが知る爺さんの代から自民党大物の三代目と一騎打ち。

しかし、開票始まってから速報の度に順位が入れ替えるデッドヒート
日が変わって12時過ぎて90%以上開いても千票二千票の差
どこまでいくのかと思ってたら、まだ二千票負けてるけど12時半ころ当確。
本当に大丈夫なのか、またひっくり返らないのかとハラハラ・・

わずか2ヶ月で戦後70年もの保守一族によく勝てたと思います。
結局2時過ぎまでテレビを見てしまいました。
 

/212