投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. hotブランド (1)
  2. ■ブランド偽物<bag26>ブランド激安市場(0)
  3. ブランド激安偽物ブランドニセモノ專賣(0)
  4. ヴィトン偽物,ブランド偽物,ヴィトンコピー(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


現役の合宿

 投稿者:谷口 明  投稿日:2018年 8月25日(土)12時23分6秒
  全員無事に、あと2時間ほどで上高地までのところへ下って来ました。と連絡が来ました。
 

3日間、同志社に通います

 投稿者:大石博司  投稿日:2018年 8月24日(金)02時56分41秒
  私の在籍中は無かった「良心館」で学会がありますので、金・土・日と同志社で過ごします。
宿はとらず日帰りですが。
 

地域の地蔵盆2

 投稿者:荒川 元  投稿日:2018年 8月23日(木)14時17分18秒
   小笹さん 早々のコメント有難う!  烏丸四条在の知人地域の地蔵盆は 古くからの
付合いもあり 飲酒を伴う大人の地蔵盆行事になっている様子でした。それでも 若い
世帯やマンションの住民の参加促進には難儀しているとのことでした。
 ちなみに知人は 西陣織の染めを担当しているそうです。伝統産業とはいえ 何とか
水面近くを浮き沈みしているそうです。
 小生宅周辺は 京都市が住宅地として開発し90年しか経っていない 中京在からすれ
ば 新興住宅地ですから 飲酒を伴う付合いは全くないと云って過言ではありません!
  最も 共稼ぎ家庭が多く 時間的余裕もない様です。
 地蔵盆行事も やっと記録がまとまり会計報告と併せて 次組に引継ぎが終了しました。

 

荒川さんと地蔵盆

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2018年 8月23日(木)09時59分20秒
  荒川さん!おはようございます。

このような行事は少子化も手伝って徐々に減少傾向になるでしょうね。
いろいろ想いを書いておられますが、その通りだと思います。

ただ・・・
京都市内でも、昔のたたずまいが残っている地域、例えば私が永年住んでおりました
「西陣地域」などは今でも盛大ですよ。息子は今でも西陣地区に住んでいますが、なかなか
盛大にやっているようです。
一番の特徴は大人が楽しんでいることです。
各家庭から食べる物や、飲み物(大人は荒川さんの大好きな飲み物)を持ち寄り
それはそれは和やかに談笑されています。大人の為の地蔵盆ですわ(笑)
もちろん、子供にも食べ物や、ジュース類など大判振る舞い。
「あのオッチャン!おもしろいなぁ~!」こういう雰囲気で今まで知らなかった大人と子供の
連携が出来ていきます。
 学校の先生や、地域の役員などは頭から呼びませんよ。

まぁ~何かの参考にでもなればと思って書きこみました。
 

現役の夏山合宿

 投稿者:谷口 明  投稿日:2018年 8月23日(木)08時28分17秒
  予定どうり本日出発し上高地から入山と連絡が来ました。
最新の台風情報を確認しての判断の様子。

ただし、コースは横尾経由で涸沢から奥穂高往復のルートに変更。
メンバーは7名でテント泊。
今日中に涸沢まで登るとの事でしたので「かなりの強行ですね!。無理のないように」と伝えてあります。

長野地方は台風の直撃はなさそうですが、高所は強風にさらされるでしょうね。
あくまで天気の様子を見つつ行動しますとのメールでした。
 

地域の地蔵盆

 投稿者:荒川 元  投稿日:2018年 8月22日(水)14時44分57秒
   今年10年ぶりに町内の地蔵盆(京都の伝統行事で子供の為の祭)の担当が当たりました。
5月初めから5回の会合を経て実施に至りました。10年前比人も人数も大きく変化し
先日の日曜日に無事終了しました。
 幾つかの問題点あり 参考になればと まとめて見ました。
☆少子高齢化 昨年多くの高齢者が亡くなり 弔慰金等の出費がかさみ 町(地域)からの
  補助金が大幅に少なくなり やりくり(予算)に苦労しました。又子供達が少なく、内孫
 だけでは寂しく外孫を集め 久しぶりに元気な子供達の声に囲まれました。
☆地蔵盆の企画立案と実施に 出来るだけ若い人達に任せるべく対処しましたが 報連相
 がなく 進展度合いが把握出来ずに難儀しました。組織で物事に対応すると云う事に
 不成なのかも?
☆町費だけでは運営出来ず お供え金を加えて運営しますが・・・外観上貧富の人達ほど
 お供え金の提供がありません! あまつさえ例年の福引き(千円)が 貰えないのは不服で
 あるとクレームまで受けました。(その人が より貧相に!)
☆町内の行事に 学校の先生・役人達は 何かと理由つけして 不思議と参加してくれ
 ません! 伝統を引継いで行く 関心はなさそうです。
☆次の10年後には 地蔵盆行事を運営出来る人達が少なくなり 行事そのものも無くな
 ってしまうのではと懸念しています。現に隣の町内では 行事の他 地蔵様そのもの
 も無くなっています。やり方を考えないと・・・と思っています。
 
 

滝巡り

 投稿者:谷口 明  投稿日:2018年 8月22日(水)09時26分6秒
編集済
  写真1  大文字山 東方山中(山中彷徨中に見つけた故、案内不可)
写真2 揚梅の滝
写真3  金糞の滝
試験投稿     PCがネット繋がらずで写真の掲載ができませんでした。IPからの方法がみつかりましたので、残暑見舞いの清風を送ってみました。
 

現役 夏山合宿

 投稿者:谷口 明  投稿日:2018年 8月21日(火)11時49分50秒
編集済
  OB の皆様から、台風接近につき現役の合宿を気遣い「合宿の計画書は受け取っているのかt?」とのメールや問い合わせがきております。
計画書の提出要請はしておりませんが、米竹キャップテンよりの連絡は受け取っております。

私も十数年前になりますが、家内連れで涸沢から北穂高へ上り詰めておりました。
あと30分ほどで稜線へ着ける辺りで、下山中のグループから北穂の肩で突風で滑落者が出たと告げられ断念したことがありました。
台風はまだ太平洋上でした。          そんな事も伝え注意を促すと米竹君から下記のメールが届いております。

『ご連絡ありがとうございます。    標高3000mでの経験、参考にさせていただきます。
今回の合宿では現地に着いてから案内所で話を聞いて安全第一に考えた上で行程の変更などを決めたいと思っております。     ご心配をおかけしますが、全員が無事に帰ってこれるようにその場その場でのベストな判断をしたいと思っています。』と
OB諸兄のお気遣い、おりがとうございます。
 

私ではありません。

 投稿者:佐々木 和夫  投稿日:2018年 8月21日(火)00時22分38秒
  谷口さん、北穂高で滑落したのは私ではありません。

でも、仙台の泉区ですぐ近い所に住んでいる人でした
知らない人とは言え、同じ年代でこういう方がいるのは
少なからず驚きです。

話し違って、甲子園の金足農すごいです。
秋田のいなかの農業高校生がほとんどプロみたいな
高校生を相手にして、日大三や横浜に勝てるとは・・
明日の大阪桐蔭にもし万一勝ったなら・・
彼らはどうなるのでしょう・・

私にもああいう時代があったのかも知れません。

 

「削除」

 投稿者:DASCOB掲示板 管理人  投稿日:2018年 8月20日(月)21時09分12秒
  (無題)   投稿者:a
本日8月20日朝の
投稿は意味不明、投稿者不明で「削除」いたしました。
 

新聞記事

 投稿者:谷口 明  投稿日:2018年 8月20日(月)08時08分1秒
編集済
  今日の朝刊 の三面に小さく、仙台の66歳の男性が北穂高で滑落死亡と見ました。
氏名は佐々木とあり下の名前を確認すると、和夫ではなく一安心でした。

高齢登山者の遭難多発ですが、確かに私も着地力が弱くなったのか躓いたり滑ったりが多くなって来ました。
川を飛び越えたり、岩を飛び移ったりはできなくまりました。

ノンビリ、ゆっくりと高齢者なりの山歩きを楽しまねばと思います。

現役の穂高合宿、23日から出発と聞いておりましたが台風20号接近で気になっております。
 

NHK特別番組「チコちゃんに叱られる」より

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2018年 8月18日(土)09時07分9秒
編集済
  5歳の女の子のチコちゃん、最近人気復活で、昨夜(17日)7時半からNHKで
「真夏の拡大スペシャル番組」が放送された。

その中で「虹は何色に見えるか?」ってコーナーがありました。もちろんゲスト諸氏は
「七色」って回答。
チコちゃんからの質問;「七色に見えましたか? その根拠は?」

太陽光は連続光だからどこからどこまでの波長が赤とか黄とか靑とか緑とかの境は決められ
ないから、岡村はじめ、ゲストは答えられない。
「ボケッとしてんじゃねーよ」とチコちゃんに叱られました。


 答えは「ニュートンが7色と論文に書いたから」
でもどんなにじっくり見ても7色に見えない人もいる。Newtonともあろう人が感覚で
7色と書いたとも思えない。その理論的根拠は音楽にあった。
Newtonの生きた時代、音楽全盛期で、7音階が定められた。神様がこの世を7日で作った
という宗教の話も信じられていた。「七」は絶対的な神聖な数字だった。

そこで太陽光を分光してできる虹の色を、楽器の7音階と合わせて「7色」と定めた。

最近、「虹は本当は何色に見えるか?」という色彩感覚的な大掛かりなテストが大勢の
大学生被験者を対象として、アメリカのいくつかの大学で行われ、
「6色しか判別できない」ということになった。
この結果を受けて7色説は6色説に変わりつつあるそうですよ。
長い間、教科書なんて見てないので判りませんが、
日本の理科の教科書でも7種中、3種は6色説を採用しているらしいです。
今度、孫が来たら聞いてみよう(笑)

「虹って何色あるんや?」と。

チコちゃん、いい話を全国に向けて発信してくれました。
 

買物

 投稿者:荒川 元  投稿日:2018年 8月16日(木)16時44分27秒
編集済
   今日は五山の送り火で 鴨川公園は賑やかになりますが・・・突然の雷雨がなき
ことを祈っています。
 さて本日から 大丸京都店でお中元品の解体セールが実施されています。
通常価格の全て30~50%引きですので 年金生活者にとっては有り難い催し
です。日頃購入し難い利尻昆布類、蜂蜜、各種海苔、乾麺、肉、ハム類、酒類を
選択して 宅配便で送付する手続きを行いました。購入価格も5万円を超え
ましたが 子供家族等への分配も予定しています。
 不思議と選択中は 日頃の腰痛も楽になり 楽しい一時を過ごしましたが
帰宅直後蒸し暑さと降雨で また元のままの体調に戻ってしまいました。
 

山中散策

 投稿者:谷口 明  投稿日:2018年 8月16日(木)09時38分49秒
編集済
  お盆も過ぎましたね!     今夜の五山送り火 、雨でどうかと少々気遣う。
まだまだ残暑厳しいとの予報です。 高齢者には運動不足は大敵と聞きます。

昨日、曇り空で適度な小雨、涼しかろうと比叡山に上り延暦寺を通り過ぎて横高山→水井山→仰木峠→大尾山から大原三千院まで東山北部の尾根筋を歩いて来ました。

薬師堂を過ぎると誰一人会わず想定どうりの涼しさで快適。
水井山山頂でお握りをほうばっての昼食はあまりの静けさに少々の寂寞感。

大尾山から大原への最後の下り、川迫谷は凄い荒れ様。  溪筋の道は崩れ 滑滝の連続で枝に付いた赤いテープが頼りで迫力満点f? 。


音無の滝に辿り着いた時にはホッと一息。


出発が遅かって大原三千院には4時になってしまう。
家に帰り着くと、まだ平安高校の試合が始まったばかり。     長い一日 、それなりに充実感有りでした。
  
 

大阪梅田「茶屋町界隈」で汗の滝

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2018年 8月14日(火)08時40分43秒
  谷口さん
田淵さん
比良山中で滝めぐり。うらやましいが足が言う事を聴いてくれませんので、
私は大阪の茶屋町界隈で「汗の滝」。
いかんせん全身から汗が滝の如く。午後2時過ぎの阪急電車「特急」で帰りました。
山を歩ける人が羨ましいです。
 

納涼滝巡り

 投稿者:Taniguchi  投稿日:2018年 8月13日(月)17時36分25秒
編集済
  比良の滝巡り、ご一緒しましょう。
神璽の滝は、イン谷の旧リフト乗り場から40分弱で田渕邸からは散策程度。
ただ、神璽谷自体はかなり厳しく人が入難くそうでアマゴはいそうな溪状です。
竿出しは8月は殺生は控えて、秋風を感じ始めた頃に始めましょう。

ところで、今井副会長が腰椎狭窄の手術はボルトを8本埋め込んでの補強でしたが大成功でしたと。
元どうりの元気となり、カリスマ性を発揮しボクシング協会に見習い永久副会長に就任しようかと悩んで居ると?

 

比良納涼登山写真

 投稿者:田渕誠一  投稿日:2018年 8月11日(土)21時33分34秒
  写真がうまくアップできませんでした。  

楊梅の滝と神爾の滝を巡る 比良納涼登山

 投稿者:田渕 誠一  投稿日:2018年 8月11日(土)21時31分0秒
  平安高校のサヨナラゲームを見終わったとき、
貴重な一日をこのまま高校野球を見て過ごすのかーという思いが湧いてきた。

そうや!涼しげな比良の谷、楊梅の滝と谷口さんご推奨の神爾の滝を巡れば
暑さを忘れるんではと思い立ち早速出かけることに。
昼前からの行動という山の基本を逸脱した行動だが、地元民なのでご容赦を。
山に行くのはいいけどたまにはアマゴでも釣ってきてよという
比良元気村まで送ってくれた山の神の言葉を背に出発。

楊梅の滝の入口に着いたら、なんと通行止めになってる。
7月の豪雨で道が崩落したらしい。
通れないことは無いかもしれないけど、
高齢者の無理な登山が問題になっている昨今なので自重し、
尾根筋を登って雄滝を遠望するだけに。

涼峠~ヤケオ山~釈迦岳と歩き、比良川へ降りて神爾の滝を目指す。
谷口さんの投稿に道案内があったけど内容はすっかり失念。
地図によると分かれ道より若干下流に滝があるので、
きっと滝の下流側に降りる道があるはずだと下る。
かなり下ったところで山ガール(元ガール)二人組に会い
聞いてみたら滝への道は分かれ道の上流だと。
もう登り返す気力はなくそのまま下山。
結局、滝は両方とも拝めず幻の納涼山行となりました。

そういえば今日は山の日だったんですが、
山で会ったのは単独行の親父2名と件の山ガールコンビのみ。
まったく静かな山でした。
アブの御一行がずっと同行してくれましたが。

写真
・楊梅の滝入口の2mほどの小さな滝
・楊梅の滝雄滝遠望
・釈迦岳北方の尾根からの比良と琵琶湖
 

千本えんま堂の夏の風物詩

 投稿者:小笹 剛  投稿日:2018年 8月11日(土)17時08分10秒
  京都のお盆は13日から始まる。
毎年、それより一週間ほどまえに千本えんま堂からハガキでご案内がきます。
夏はお盆で、地獄の釜のふたが開いてゑんま様も大忙し。「お精霊迎え(おしょらいさん)」だ。
あの世で苦行をしいられている故人もゑんま様の許しを得て、この世に里帰りをする。
懐かしい我が家でキレイな気持ちで過ごして功徳を積み、
8月16日の五山の送り火に、またひとついい世界へと帰って頂く(お精霊送り)
これが京都のお盆行事だ。

先祖や、わたしの場合は亡くなった両親、そして次男の戒名を書いた水塔場を頂く
お精霊迎えでは、本殿脇の地蔵供養池に水塔婆を流し迎え鐘をついてお迎えするのが習わし。
 

奈良の山を歩く・・・葛城山

 投稿者:鈴木ますお  投稿日:2018年 8月10日(金)17時49分17秒
  2か月ぶりの山行です。
景色はそれこそスカット見えて素晴らしかったのですが、
急激な登りに足と息がついていけずきつい登りでした。
しかし、さすが花の百名山、この時期も花は絶えません。
「地の花」を楽しみました。
9月の八ヶ岳に向けてまだまだトレーニングが必要です。
ひたすら比良を歩く谷口会長、白峰三山を歩いて来た佐々木氏は準備万端ですね。

それにしても若手(?)の集まり良かったですね。明日のDASCOBがしっかり見えてきます。
 

/200