スレッド一覧

  1. えんぎら~っと、いこっさ(79)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:276/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

西川生き物観察会時間変更j

 投稿者:とまり木メール  投稿日:2007年 8月 4日(土)11時47分59秒
  通報
   8月5日に行なわれる西川及び隣接する「落ち江」に生息する水辺の生き物の観察会は午前9時より11時までに変更になりました。

 福島町を流れる西川が里川の地位を離れてから半世紀になろうとしています。この間、わが国の経済は高度成長を遂げ、科学技術は進歩し、世界に冠たる超高齢社会となりました。このことは誇るべきことであり、喜ぶべきことであるはずですが、素直に喜べない現状があります。
 その一つは今、学校教育が多くの課題を抱えていることです。この課題は学校内部で解決できるものでなく、家庭や地域の教育力の問題が大きく影響していると考えられていますが、むしろ私たちが生活の基盤であり、心のよりどころとすべき地域の自然をないがしろにしてきたことの影響というべきではないでしょうか。西川は昔から「悪水(用水に対する排水の意)」と呼ばれてきましたが、それでも地域の生活に直結した、大切な川でした。ところがこの半世紀間本当に排水路として汚水を垂れ流すだけの川となってしまったのです。今西川にどんな生き物が生息しているか、ほとんどの地域の方々は関心を払うことはありません。家庭や地域の教育力とは親や地域の人達が学校教育の一部を肩代わりすることではないと思います。地域の教育力とは大人も子供も地域の自然に目を向け、共に語り合うことではないでしょうか。地域の自然が教えてくれるものこそが地域の教育力なのです。その中で交わされる大人と子供の語り合いが子供の学ぶ心構えや学ぶ基盤、ひいては子供を人間へと作り上げるのです。
 西川の生態系に目が向けば自ずと環境にも目が向くでしょう。そして西川の現状を知れば、環境問題への取り組み方にも考えが及ぶはずです。
 地域の多くの人々が西川に足を運ぶこと自体が健康にもつながる行為なのです。健康のために西川の土手をウォーキングしたり、犬の散歩をしている人を多く見掛けますが、西川の川面にちょっと目を向け、気付いたことを福島町のホームページの「ホット情報」に投稿したらどうでしょう。西川沿いに「うらら公園」「しらさぎ公園」「親水公園」とすばらしい公園が3つもあります。そこが地域住民の交流の場となれば、超高齢社会を生き生きと生き抜く身体づくりにつながります。
 平成18年度より介護保険制度が大きく方向転換して、介護予防のサービスがスタートしました。近い将来、要支援状態や要介護状態になる恐れのある「特定高齢者」と呼ばれる方々に介護予防サービスを受けてもらおうとするものですが、せっかく介護予防サービスを受けて健康状態が改善されても、そのサービスが終了するとすぐに元に戻ってしまいます。そこで能美市では介護予防で改善した人達を対象にボランティアによる無償の健康維持教室を行なっていますが、ボランティアの負担は相当なものです。西川の公園にそのような特定高齢者と呼ばれる人達の出掛ける楽しみが生まれれば、ボランティアの負担は軽減されるはずです。大人も子供も地域の人達が交流できる時間帯の調整ができればよいわけです。意識の高い一部のボランティアに頼り切るのではなく、地域の誰もが自分の健康のために行なう行動が、地域の福祉にも貢献できる仕組みを調整すればできるのではないでしょうか。
 もう一つ、福島町生産組合が「農地、水、環境保全向上対策」という農林水産省の補助事業に取り組んでいます。今年は西川土手の花壇に花を植えましたが、来年度からもっと本格的に西川の生態系調査に着手するためには多くの団体の協働が必要です。産業振興のための大規模農家と福祉の意味合いを持った中小規模農家が地域の安全な食、健康、福祉、環境の一翼を担うためには地域住民の積極的な参画が必要です。またこのような取り組みを通して、農家が大変困っている「農地への空き瓶や空き缶のポイ捨て」をなくする心を醸成することもできるのではないでしょうか。
 最期にもう一つ言及すべきことは、西川の防災の問題です。能美市でも水害の防災地図を先日、全戸配布しましたが、西川に日頃から関心を寄せることが、防災意識を高める第一歩だと思います。
 このように西川とその周辺の自然は地域の生活、すなわち教育、健康、福祉、環境、防災の基盤をなすものです。「西川親水クラブ」はその全ての事業をするものではなく、その基盤としての心の育成に努める事業を行なおうとするものです。
 そこで下記の要領で、西川やそれと平行に流る「落ち江」に生息する水辺の生き物の観察会を企画しました。本格的な観察会を開催するためには、子供たちの安全の確保の問題、泥んこになったときの親の理解等が必要になってきますので、今回は極めて初歩的で限られたイベントにならざるを得ませんが、我々の趣旨にご賛同頂き、今後ともご協力、ご支援の程を腰を幾重にも曲げてお願い申し上げます。


西川とその周辺の落ち江の生き物観察会
日 時:平成19年8月5日 午前9-11時
場 所:根上北部児童センター前

-5-
 
》記事一覧表示

新着順:276/282 《前のページ | 次のページ》
/282