teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


タチウオ狙い-5は五目釣りに変更

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年10月14日(木)18時11分50秒
返信・引用
  気温が例年より高めの10月半ば、好天に恵まれた釣り日和が続く中、これまで満足のいく釣果が得られないまま、豊後水道、宇和海へドラゴン級タチウオを狙って仲間5人で出かけた。11日、佐田岬半島の先端近くにある民宿(大岩)に宿泊。漁船「美和丸(清水つよし)船長」をチャーター翌日午前6時に佐田岬漁港を出船。昨年釣行した宇和海のタチウオ漁場、こちらも大阪湾と同様、サバフグの大軍団が遊泳、釣り場海域の海原には一杯の釣り船も見当たらない。そこで豊後水道を北上、瀬戸内海側の釣り場でタチウオを狙ったがチビゴンばかりで、おまけにここもサバフグの猛襲に合いテンヤどころか道糸PEラインをズタズタにぶち切られ、仕方なくタチウオ狙いを諦め翌日、根魚釣りに変更、お土産用に五目釣りをやって帰ってきた。それにしても何所のタチウオ釣り場も、サバフグ軍団が関東から九州まで幅広く、わがもの顔で遊泳、漁師も困っているようだ。今回は釣りを楽しむだけでなく民宿での豪華な海鮮料理に舌鼓を味わい忘れられない旅行気分に浸った釣行だった。タチウオ狙いは水温が低下するまで当分の間、待つしかない。
 
 

太刀魚狙い-4

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 9月29日(水)17時08分57秒
返信・引用
  危惧していた台風16号の予報進路コースが東寄りに通ることで阪神地区には余り影響なさそうで小潮廻りの今がチャンスとばかりに前回と同じ3人のメンバーでいつもの松一乗合船に乗船、まだ薄暗い午前5時前垂水漁港を出船。神戸沖の太刀魚漁場へ水深80㍍の所からスタートしたが、なんと一投目からクサフグの猛襲に遭遇、タチウオがテンヤに食らいつく間なく乗船者全員テンヤをブチ切られ、あちらこちらでテンヤ損失、予想以上のフグの猛襲に耐えられず、船長は明石の林崎沖へ転進決断、約40分西走、同太刀魚漁場に到着、ここはフグのリスクなく安心して釣り続行、然しチビゴンばかりでドラゴン級は望めない正午前に松岡さんが予想外にドラゴン級2本ゲットして終了した。釣果は、山中さんが70㎝~80㎝を20匹、松岡さんが13匹、國元会長、8匹でした。それにしてもクサフグ軍団は当分神戸沖に居つきそうで、厄介な奴に邪魔される日が当分続きそうだ。
 

太刀魚狙い-2

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 9月 4日(土)09時53分21秒
返信・引用
  神戸沖のタチウオ釣り場まで約30分の最短距離の釣り船。釣り座も広々、乗船定員14人の限定を貫く変コツ親父「松本一義 船長」所有の波に強い大型アルミ船。タチウオを狙うならこの船に限る。一昨日に続いて今期初乗りの「松一乗合船」に予約入れ、山中さんと松岡さんを誘って出かけた。今日は大潮前の中潮、然もお盆以来、連日の雨続きで何所も二枚潮、潮の条件余り良くない汐時だが次の小潮廻り迄とても待てない、まだ薄暗い午前4時半に垂水漁港を基地にしている松一乗合船に乗船、午前5時前に港を出て釣り場に到着すれば他船は何所にもいない一番乗り水深約60㍍の所からスタート。山中ちゃん、一投目にヒット!抜きあげてみれば70㎝のチビゴン、その後は、良サイズ交じりで掛かるが二枚潮のためオマツリトラブル多発、苦戦強いられた。午前11時頃から雲行き怪しく雷雨の危険性あり、早めの納竿帰港となった。 釣果は、3人ともども写真のようなサイズ交じりで約15匹位だった。この先シーズン中に、ドラゴン級を狙い通い続けます。
 

太刀魚狙い-1

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 9月 2日(木)12時17分49秒
返信・引用
  高齢者のコロナワクチン接種はほとんど済ませているようだが、若年層の感染拡大は一向に止まらない状況が続く中、ワクチン接種を済ませた我々高齢者も安心して過ごせない暗い時世に日々有痛な心境で暮らしている。そんな現状の中、我々唯一の趣味である釣りこそが生甲斐の一つであるが故に空気澄んでいる海上が最も安心して遊べる。そこでストレス解消にと西岡さんに誘われ「今期初待望の太刀魚」を狙って東二見の岩澤丸に乗船、神戸沖へ向かい、田中正樹クンを含めメンバー3人でチャレンジして来ました。釣果は、私が70~90㎝10匹弱、西岡さん、15匹、田中正樹クン、スタイルのボトムリール付(電動リール無用)のタックルでハッスルアクションプレーの連続的入れ掛かり(喰わせ)で105㎝を頭に45匹と圧倒な釣果を見せつけられた。
 

待望の夜イカ狙い

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 6月28日(月)10時28分26秒
返信・引用
  体調も天候もスッキリしない日々が続いている昨今、マダコ不釣でストレス募る。コロナワクチン接種間もなく、25日西岡さんに誘われ待望の夜イカを狙って日本海、香美町の柴山港を基地にしている「神清丸(神田俊幸 船長」に田中クンと相方の4人で乗船。時折、小雷が光る、止まるまで出船を待って、小雨煙る午後6時前に柴山港の桟橋を離れゆっくりと無南垣沖のポイントへ向かった。水深25メートル位の浅い所にアンカーを入れ、私以外船長を含め全員イカメタル釣法でスタート。午後7時前に仕掛けを投入してアタリを待つ、8時頃になってやっと乗り始め、イカ軍団到来か待望の入れ掛かりは10分くらいで止まり、その後は、ポツリポツリ乗って来る、午後11時半に納竿。私の釣果は、胴長15cm~20㎝の小サイズ、スルメ交じりで50杯でした。他の方々もほぼ同数のようだった。この先梅雨明けからハイシーズンを迎える日本海の白いかマイカ狙い、皆さんも同様ワクチン接種完了すればグッドサイズの夜イカ狙いホンマに楽しみだね。
 

マダコ狙い苦戦

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 6月21日(月)19時58分4秒
返信・引用
  ニュータックル2セット取り揃え、心身新たに今年初の「マダコ釣り大会」に参戦、期待した例会だったが、終わってみればなんと初の丸丸ボーズをくらった。しっかり揃えたマダコ専用サラピンタックルで頑張った甲斐むなしく撃沈、沈黙続いた20日間、好天の本日焦げ付いた不釣の厄払いを一日も早く脱しなければツキが逃げてしまう。そこでマダコ釣果の程はお余りよくないとの情報ではあるが、このままではジ~としておれないとばかりに東二見の岩澤丸にTEL入れたところ、西岡さんも予約が入っているとのことで、港で合流、岩澤丸に乗り合い乗船、午前5時に港を出て明石沖一帯を駆け回って粘ったが、水温が低いせいか全般的に乗りが薄く余り良くない状況の中、ズボラかまさず置き竿せず最終まで粘った結果、新子2杯で何とかボーズ免れ、ヤレヤレの釣りにいつもより随分と疲れました。それにして今年のマダコ狙いは、なんだか苦境の予感。釣り船も漁師も皆でしっかり保護していただきたい「明石マダコ」減少の一途を辿らないよう、この先の行く末を危ぶまずにはいられない。
 

メバル狙い最終回

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 5月26日(水)19時53分55秒
返信・引用
  本格的なマダコ狙いはまだ先のこと。天候を見計らい大潮の只中ではあるが今期最終回のメバル釣りに行こうかと、西岡さんに誘われ即OK、いつもの東二見「岩澤丸」に乗り合い乗船。鹿の瀬一帯走り回って正午に帰って来たが狙ったメバルは愚か殆んど外道のガシラばかりだった。例会までジ~としておれない私ども、6月例会まで待てずに何か釣りたいね
 

めくりアジ狙い一徹!

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 4月23日(金)11時50分42秒
返信・引用
  昨日22日、前回に続いて今回は「めくりアジ」狙いに的を絞り、西岡さんと二人で出かけた。岩屋の「長太丸」に乗り込んで午後4時前に港を出た直ぐ近くのポイント水深30メートルの所から釣りはじめ午後8時までやって私が珍しくも西岡さんを抜いて22匹ゲットした満足の釣果で終盤を飾ることが出来ました。
 

メバル狙い-9

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 4月20日(火)11時01分50秒
返信・引用
  前日(日曜日)に予定していた「メバル釣り大会-3」が強風波浪のため中止を余儀なくされ今年度は、初回から中止が相次ぎ巧くいかない。その一方コロナ禍の時世を恐れることなく空気澄んでいる海上での釣りが最も安心。そこで今日からしばらくの間、好天続きとなるタイミングにベテランの西岡さんに誘われ半夜釣りに出かけることに、二人だけの乗船予約で出船OK。淡路島、岩屋漁港を基地にしている「長太丸」に乗り込んでいざ出陣、いつもより早めの午後4時前に出船。直ぐ近くのポイント水深30m所から釣り始めた。メバル狙いの仕掛けを投入すれば「めくりアジ」が次々に掛かって来る。午後8時まで粘った結果、今回もメバル狙いより「めくりアジ」釣りがメーンになった。なお、メバル狙い最終回も「めくりアジ」をメーンにレッゴー!だ。
 

メバル狙い-8

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 3月24日(水)17時09分37秒
返信・引用
  この時期、良好な天候と良好な汐時(時合)がなかなか一致しない週間天気が続いている。釣りに出かけるチャンスあれば即出かけるといった私のような無職な暇人、釣りバカ人間はそういないでしょう。一人で出かけるにはあまり面白くない、そこでメンバーの山中さんと松岡さんのお二人を無理やり誘って出かることに、いつもの東二見漁港を基地にしている「岩澤丸」に乗船、鹿の瀬一帯をぐるりと回り正午まで粘った結果、魚探には反応あるもののメバルサビキには、なかなか乗ってこない状況が続いた。打つ手なしで仕方なく次の一手に持参したサバの切り身をハサミで小さく細長く(ミニ)に切ったものをサビキ仕掛けの一番下針に刺して投入したところ、ガシラ(カサゴ)の良型が面白いほど釣れだした。これならもっと早く気が付けば好釣果に繋がったのに時すでに遅い、間切れで終了。メバル狙いがガシラ狙いの珍釣行の一日だった。チャンチャン
 

レンタル掲示板
/33