teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


初釣り

 投稿者:國元会長  投稿日:2022年 1月10日(月)12時13分10秒
返信・引用
  昨年は、コロナワクチン二回目の接種で感染が徐々に収まりつつ今年度こそは、景気回復に転じると期待していたが、それとは大きく異なり、在日米軍基地から感染が拡大、特に沖縄県の「米軍嘉手納基地」内に努める日本人従業員がクラスター感染、県内外は勿論全国的にオミクロン株などが拡散拡大、明日は我が身に降りかかる危機感すら抱く日々だ。新年早々から外出を控える中、余りめでたくない寅年に窮屈な新年である。そこで、せめてもの退屈凌ぎに、釣りで兎を晴らしたい気分で運試しに今年度「初釣り」として去年から続いているタチウオを狙って山中ちゃんを誘い、林崎漁港を基地にしている乗合船「きもと」住吉丸に乗船、初釣り客なのか30人満席状態、抽選で右舷胴の間に釣り座、天気気温まずまず、午前5時20分出船、エンジン推進力800psなので1時間で洲本沖のタチウオ漁場に到着、水深100mの所から釣りはじめ、小潮、潮流なだらか、水色余りよくない濁り潮、仕掛け投入、水温低下で全員魚信無し、30分経過後、山中ちゃんにアタリ!上げてみればレギュラーサイズ、正午まで粘って船中竿頭がドラゴン1匹、食い渋るタチウオ、山中ちゃん20匹、会長5匹の釣果で初釣りボーズ免れ少し景気付けたような気分に慎み帰港中、会員の皆さんに今年こそ心身ともにご健康で好釣でありますよう海原の神様に向かい二礼二拍一礼両手合わせて拝んできた。
 
 

役員会

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年12月28日(火)12時19分56秒
返信・引用
  コロナ禍の時世に人々は苦境な生活環境の中に翻弄され続けてきた。今もなお感染が止まらない時世に我々仲間の趣味である海釣りを楽しんで来たことで責めてもの慰めを何とか過ごしてきました。会員の皆さんの忘年会を自粛しながら心苦しい中、26日午後5時から居酒屋「いろえんぴつ」に於いて恒例の役員会に8名の役員が出席、21年度の役員会を開催しました。席上、川田事務局長が予め更新作成された22年度の年間行事及び何項目かの議題が話し合われ22年度の年間行事予定が決まりました。会議終了後に中村ママさんの温かい志によりフグ料理で心身を温め無事終了しました。高齢化が進む中、来年度も会員の皆さんと共に釣りを通じた楽しい時代を切り開こうではありませんか。
 

タチウオ狙い-9

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年11月29日(月)18時06分52秒
返信・引用
  12月度例会迄に釣行を自粛しようと我慢していたが本日は、好天の釣り日和、しかも海上は凪、風力1~2このチャンスを逃すわけにはいかないとばかりに松岡さんを誘って出かけることにした。今期初の洲本沖へ行きたい思いと楽しみを込めて林崎漁港を基地にしている「きもと丸」に急遽予約を入れ午前5時30分に港を出て約1時間20分で洲本沖へ到着、タチウオ漁場には既に50~60はいの乗合船が集結していた。水深100㍍の所から釣りスタート、正午まで粘ったが反応が薄い中、松岡さんがドラゴン級かけたが運悪く他釣り人とオマツリ続出相次ぎ失敗の連続。無事上がって来たタチウオは、20匹ほどの神戸沖サイズばかりで終了した。またしてもドラゴン級は上がりませんでした。
 

タチウオ狙い-8

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年11月17日(水)18時34分14秒
返信・引用
  朝夕冷え込みが続いている昨今、本日海上の気温13度、風力2、絶好の釣り日和に恵まれ今回は、単身で出かけることにした。いつもの垂水の「松一乗合船」に乗り合い乗船、乗船者は私を含めて8人と少ない、まだ暗い早朝に出船。神戸沖の太刀魚漁場へ一番乗り、水深80㍍所から釣りスタート。毎度の通り夜明けは浅棚でチビゴン連発、日が昇った頃、水深60㍍の所でコン!リールのスピード上げるとコツン!コツン!すかさず大きく合わせを入れてやるとガツン!とフッキング!何度も暴れるヤツを抜き上げてみれば今期初の嬉しいメーター級、また中盤に、いつもより良サイズゲット!70cm~110㎝30匹で納得の釣果にストレス解消になったみたい、そして今期これにて一葉お終にします。チャンチャン
 

タチウオ狙い-7

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年11月14日(日)15時29分4秒
返信・引用
  11月4日、今回は西岡さんに誘われ明石浦漁港を基地にしている「福三郎丸」をチャーターメンバー6人乗船、午前6時過ぎに港を出て林崎沖へ、水深80㍍辺りからスタート。チビゴンサイズばかりで(喰い)活性が止まったところで神戸沖へ転進、水深90㍍辺りの(釣り場)ポイントには日曜日とあって乗合船は勿論のことマイボーなど多くの釣り船船団が群なるポイントからスタート。ポツリポツリとアタリあるが、期待した良サイズは誰もゲットならず正午まで粘った結果、写真のサイズばかりで一人平均12匹程度で終了した。これではストレス解消にはならない、今シーズンドラゴン級釣るまで通い続けます。
 

タチウオ狙い-6

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年10月30日(土)11時24分25秒
返信・引用
  29日は小潮、タチウオ狙うには絶好の潮廻りだが北西の風力5~6mちと釣り辛い海上、いつもの「松一乗合船」に山中ちゃん松岡さんの3人で乗合乗船。午前5時、垂水漁港を出船、神戸沖の水深80㍍の所から釣りスタート、一投目からチビゴンヒット、入れ掛かりモードで3人ともども一気に10匹、然し危惧にしていたサバフグの襲来で道糸高切れされながらサバフグの猛攻を交わし掛けたタチウオ軍団、今回は写真のように良型サイズ交じりで40匹以上の好釣果に恵まれました。
 

タチウオ狙い-5は五目釣りに変更

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年10月14日(木)18時11分50秒
返信・引用
  気温が例年より高めの10月半ば、好天に恵まれた釣り日和が続く中、これまで満足のいく釣果が得られないまま、豊後水道、宇和海へドラゴン級タチウオを狙って仲間5人で出かけた。11日、佐田岬半島の先端近くにある民宿(大岩)に宿泊。漁船「美和丸(清水つよし)船長」をチャーター翌日午前6時に佐田岬漁港を出船。昨年釣行した宇和海のタチウオ漁場、こちらも大阪湾と同様、サバフグの大軍団が遊泳、釣り場海域の海原には一杯の釣り船も見当たらない。そこで豊後水道を北上、瀬戸内海側の釣り場でタチウオを狙ったがチビゴンばかりで、おまけにここもサバフグの猛襲に合いテンヤどころか道糸PEラインをズタズタにぶち切られ、仕方なくタチウオ狙いを諦め翌日、根魚釣りに変更、お土産用に五目釣りをやって帰ってきた。それにしても何所のタチウオ釣り場も、サバフグ軍団が関東から九州まで幅広く、わがもの顔で遊泳、漁師も困っているようだ。今回は釣りを楽しむだけでなく民宿での豪華な海鮮料理に舌鼓を味わい忘れられない旅行気分に浸った釣行だった。タチウオ狙いは水温が低下するまで当分の間、待つしかない。
 

太刀魚狙い-4

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 9月29日(水)17時08分57秒
返信・引用
  危惧していた台風16号の予報進路コースが東寄りに通ることで阪神地区には余り影響なさそうで小潮廻りの今がチャンスとばかりに前回と同じ3人のメンバーでいつもの松一乗合船に乗船、まだ薄暗い午前5時前垂水漁港を出船。神戸沖の太刀魚漁場へ水深80㍍の所からスタートしたが、なんと一投目からクサフグの猛襲に遭遇、タチウオがテンヤに食らいつく間なく乗船者全員テンヤをブチ切られ、あちらこちらでテンヤ損失、予想以上のフグの猛襲に耐えられず、船長は明石の林崎沖へ転進決断、約40分西走、同太刀魚漁場に到着、ここはフグのリスクなく安心して釣り続行、然しチビゴンばかりでドラゴン級は望めない正午前に松岡さんが予想外にドラゴン級2本ゲットして終了した。釣果は、山中さんが70㎝~80㎝を20匹、松岡さんが13匹、國元会長、8匹でした。それにしてもクサフグ軍団は当分神戸沖に居つきそうで、厄介な奴に邪魔される日が当分続きそうだ。
 

太刀魚狙い-2

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 9月 4日(土)09時53分21秒
返信・引用
  神戸沖のタチウオ釣り場まで約30分の最短距離の釣り船。釣り座も広々、乗船定員14人の限定を貫く変コツ親父「松本一義 船長」所有の波に強い大型アルミ船。タチウオを狙うならこの船に限る。一昨日に続いて今期初乗りの「松一乗合船」に予約入れ、山中さんと松岡さんを誘って出かけた。今日は大潮前の中潮、然もお盆以来、連日の雨続きで何所も二枚潮、潮の条件余り良くない汐時だが次の小潮廻り迄とても待てない、まだ薄暗い午前4時半に垂水漁港を基地にしている松一乗合船に乗船、午前5時前に港を出て釣り場に到着すれば他船は何所にもいない一番乗り水深約60㍍の所からスタート。山中ちゃん、一投目にヒット!抜きあげてみれば70㎝のチビゴン、その後は、良サイズ交じりで掛かるが二枚潮のためオマツリトラブル多発、苦戦強いられた。午前11時頃から雲行き怪しく雷雨の危険性あり、早めの納竿帰港となった。 釣果は、3人ともども写真のようなサイズ交じりで約15匹位だった。この先シーズン中に、ドラゴン級を狙い通い続けます。
 

太刀魚狙い-1

 投稿者:國元会長  投稿日:2021年 9月 2日(木)12時17分49秒
返信・引用
  高齢者のコロナワクチン接種はほとんど済ませているようだが、若年層の感染拡大は一向に止まらない状況が続く中、ワクチン接種を済ませた我々高齢者も安心して過ごせない暗い時世に日々有痛な心境で暮らしている。そんな現状の中、我々唯一の趣味である釣りこそが生甲斐の一つであるが故に空気澄んでいる海上が最も安心して遊べる。そこでストレス解消にと西岡さんに誘われ「今期初待望の太刀魚」を狙って東二見の岩澤丸に乗船、神戸沖へ向かい、田中正樹クンを含めメンバー3人でチャレンジして来ました。釣果は、私が70~90㎝10匹弱、西岡さん、15匹、田中正樹クン、スタイルのボトムリール付(電動リール無用)のタックルでハッスルアクションプレーの連続的入れ掛かり(喰わせ)で105㎝を頭に45匹と圧倒な釣果を見せつけられた。
 

レンタル掲示板
/33