teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


お盆休み期間中

 投稿者:國元会長  投稿日:2016年 8月18日(木)10時23分59秒
返信・引用
  真夏の暑さ続くお盆休みの間、海外旅行や実家のお墓参りなどを兼ねた帰省客で交通機関は、どこも混雑ラッシュ。私も母の初盆により空路鹿児島経由で郷里の徳之島へ帰省、到着時から連日℃32度の猛暑にタジタジ、エアコン付室内のテレビでリオオリンピックや全国高校野球選手権大会の実況中継を観戦しながら要件を済ませ、本日帰路に着いた。  
 

マダコ狙いPARAT-9

 投稿者:國元会長  投稿日:2016年 7月30日(土)19時29分59秒
返信・引用
  明日の例会に備え、最終日となる9度目のチャレンジに西本正義、山中義憲さんの二人を誘い釣友であるフタミ釣りエサセンター新井照幸さんのマイボートに乗せてもらい直ぐ近くの人口島の沖合で存分に楽しんだ結果、昨日と同様 良型のマダコ5杯のみゲットでした。詳しくは自由釣行欄にアップします。    

マダコ狙いPART-8

 投稿者:國元会長  投稿日:2016年 7月28日(木)19時08分38秒
返信・引用
  8度目のマダコ狙いは、同じ東二見漁港を基地にしている俊郎丸に乗船。午前4時に出船、明石沖の釣り場水深6㍍の所で釣りはじめたが激流のため60号テンヤに巻き付けたイワシのエサに殆んど乗ってこない状況が続く中、藤江沖~江井島沖~二見沖まで転々、今回は5杯の低釣果にとどまり悔しい思いをした。  

マダコ狙いPART-7

 投稿者:國元会長  投稿日:2016年 7月26日(火)14時33分6秒
返信・引用
  マダコを狙った七度目の単身釣行、前回に続き岩澤丸に乗船、江井島沖~八木沖~二見沖のマダコ釣り場を転々と探り回り、正午前に納竿。0.5㎏~1.5㎏12杯ほどの釣果だった。連日絶好調だったマダコも影薄くなり今月いっぱいでピークを迎えることになるかもと自己判断したところで明後日まで二日間チャレジしてみます。  

マダコ狙いPART-6

 投稿者:國元会長  投稿日:2016年 7月23日(土)11時47分8秒
返信・引用
  マダコの乗りが短い大潮周りの平日、今期絶好調のマダコを狙う大勢の釣人が押し寄せて来る乗合船付近の空地には、釣人の車が続々と集まる、車の置き場がないほど満杯状態だ。到着時間が少しでも遅れると駐車するのに困るほど、予定していたトカラ遠征や室戸沖の深海釣りが台風や海流悪化の影響で中止を余儀なくされ仕方なく昨日、東二見漁港を基地にしている乗合船・岩澤丸(岩澤八郎)さんの船に乗せてもらい今期六度目のマダコ狙いにチャレンジ。20杯の釣果だったが1㎏~2㎏オバーばかりで前回より一回り大きく良型が多かった。例会まで再度挑戦してみたい。  

釣行便り

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月13日(水)16時24分10秒
返信・引用
  加藤 重さん、6月度の単身釣果報告。マダイ、イサギ41㎝、鬼カサゴ、3枚の写真が届きました。釣果写真は、釣人の皆さんの記念すべく貴重な足跡です。ご遠慮なくどしどしご投稿お届けください。    

マダコ狙いPART-5

 投稿者:國元会長  投稿日:2016年 7月13日(水)13時20分11秒
返信・引用
  遠征釣行の都度お世話になっている沖縄県与那国島の「瑞宝丸(金城和司船長)」が船体リニュアル整備性能アップのため鹿児島の造船所へ、整備完了までの間、お遊びにお越しいただき、川田幸正さんが同行。有馬温泉に宿泊、ゴルフや観光などを楽しんだ後、明石マダコを是非釣ってみたいとのご要望に我が一部メンバーとご一緒に「美里丸(上田純一船長)」に乗船、身振り手振りで小マダコ数杯釣り上げ、楽しい一日を過ごしました。ちなみに私はマダコ釣り研究重ねた甲斐あって運よく良型ばかり25杯ゲット目標果たし満足気分に  

Re: マダコ狙いPART-4

 投稿者:毛利 剛  投稿日:2016年 7月10日(日)21時50分16秒
返信・引用
  会長からのお褒めのお言葉有難く頂きます。またたご一緒した時楽しく釣りをしましょう。  

マダコ狙いPART-4

 投稿者:國元会長  投稿日:2016年 7月 8日(金)10時34分42秒
返信・引用
  好釣続くマダコを狙って二見漁港の俊郎丸に二度目の乗船。午前4時30分乗り場を離れ直ぐ近くの二見人口島沖、水深5~6㍍で釣り開始。まだ薄暗い内から左舷前方の釣り人に小マダコが乗り出し、こちらも気合いが入る。お隣に座った尼崎市大庄中通から来た毛利 剛さんが順調な滑り出しで圧倒されながら 私はシンプルな餌木二本仕掛けを投入繰り返すが中々乗ってこない、しばらくすると連続的に乗り出し忙しいほどだった。今回は32杯満足の釣果だったがベテランの毛利 剛さんは私を大きく上回った。  

マダコ狙いPART-3

 投稿者:國元会長  投稿日:2016年 7月 1日(金)16時09分51秒
返信・引用
  不釣を諦めない努力が功を奏する、失敗は成功の元」。同じ乗合船に隣り合わせで座り込み、船長のアナウンスで仕掛けを一斉投入、お隣の釣り人は次々に釣り上げているが自分のテンヤ仕掛けになかなか乗ってこない? 何故か考え悩むことは総ての釣り人の思いは同じである。そこで努力すべく自分なりの工夫が求められる。まず船長の伝授を素直に聞き入れ、ご当地のベテラン釣り師たちと心安くなり、繊細な釣技を盗むことだ。とにかく各地の様々な釣り方に応じた専門の釣り師を見習うことが好釣果に繋がることを忘れてはならない。昨日、雨天の中、三度目のマダコ狙いに挑戦。今回は東二見漁港を基地にしている岩澤丸に乗船。午前4時30分出船、江井島沖水深6㍍の浅いポイントからスタート、鹿ノ瀬から二見沖を転々と流し釣り午前11時に終了。上記、努力の結果0.3kg~1.8㎏を22杯ゲット。無念のリベンジ果たした。
 

レンタル掲示板
/23